Tag Archives: タンパク質

認知科学評論家:中野信子によると

●タンパク質を摂らないと甘い物を余計に食べたくなる

タンパク質には、アミノ酸が含まれている

アミノ酸は、セロトニンの原料となる

 

●人はセロトニンが減ると甘い物が欲しくなる

なのでタンパク質をしっかり摂らないと

甘い物を食べすぎて太ってしまう (92)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

娘が長く付き合う相手は、父の顔に似る

息子が長く付き合う相手は、母の顔に似る

●長く付き合う相手は、異性親に似た顔の人

好きになる相手の顔が

両親に似ていると関係性が長く続く傾向がある

 

骨格筋評論家:岡田隆によると

●親を超えたければタンパク質を食べろ!

骨は親の遺伝を受けやすい

骨の成長にカルシウム、骨を伸ばすにはタンパク質が大切

タンパク質を多く摂ることで骨の成長を最大限伸ばせる

骨端線の細胞が増殖しなくなると骨の成長が止まる

骨を作る効果があるのは、タンパク質

チーズ、肉、卵、魚介類、大豆など (498)

唾液の研究一筋:槻木恵一(神奈川歯科大学)によると

●近い将来 唾液を調べるだけで前立腺がんが分かる

 

前立腺がんは、近年 増加率が高い

 

がん細胞が前立腺内の正常な細胞を壊し、

PSAというタンパク質が血中へ流れていく

このPSAが腫瘍マーカーの役割を果たす

 

唾液は、血液から作られる

唾液自体は、PSAを作っていないため、

唾液からPSAを検出した場合、

がん細胞が前立腺の細胞組織を壊した証拠となる (180)

ホンマでっか!?TVで紹介

健康管理の新常識

 

予防医療評論家:倉知美幸によると

●健康のために肉を減らすのは間違い

肉は非常にタンパク質が豊富

タンパク質が不足すると

体の中の血液が作られず感染症や老化の原因となる

ダイエットの場合でも、肉を食べないと筋肉が落ち、

代謝が下がるため痩せにくい体になる

肉はセロトニンの原料や亜鉛等が豊富で優秀な食材

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

神経回路の発達を促す肉にはアラキドン酸(ARA)が含まれている

●高齢者でも肉を食べると脳機能改善につながる

肉(アラキドン酸)は魚(DHA)と共に脳機能改善に効果がある

 

肉を焼いた時のコゲには発ガン物質が含まれるが、

●肉をビールにつけて焼くと焦げても発がん物質が減る

特に黒ビールが良いと言われている

肉を焼く前に黒ビールに浸すと発がん物質の発生を抑制する (628)

ホンマでっか!?TVで紹介

驚きの最新医療

 

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学が開発

●飲むだけで辛い記憶を消せる錠剤が開発

 

辛いことを体験すると脳内で独特なタンパク質が生成

独特なタンパク質が定着し記憶として擦りこまれる

 

それはタンパク質を錠剤で分解し、辛い記憶を消去する

 

ネガティブな記憶とポジティブな記憶のすみ分けができる

 

辛いトラウマを抱える人の治療に役立つ可能性がある

 

人間は記憶によって人格形成されている

この錠剤には賛否両論の声があがってる (210)

スポンサード リンク