長期間、声がかれているとガンの可能性

ホンマでっか!?TVで紹介

危ない病気の兆候

身体に現れる小さなサインが重大な病気の可能性を示す

医療評論家:おおたわ史絵によると

声のかれが3週間治らないと云う事があった場合は大変危険なサイン

胃ガン、肺ガン、甲状腺ガンの症状の一つとして声がかれると云う形で発症する人がいる

●長期間、声がかれていると様々なガンの疑い

鎖骨の内側に、反回神経が通っている

そこにリンパ節があり、転移しやすいガンと云うのが肺ガン、胃ガン、甲状腺ガン

そのリンパ節が反回神経を圧迫し、声がかれると云う症状が比較的早めに出てくる

2~3週間、声がかれている場合は検査をした方が良い

(178)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク