盗聴器を仕掛ける新たな手口

ホンマでっか!?TVで紹介

危ない流行

 

盗聴評論家:酒井賢一によると

日本には盗聴を取り締まる法律がない

盗聴器の年間販売台数は40万台

●1日1000個以上の盗聴器が売れている

 

設置され発見されない盗聴器はずっと残っている

●盗聴器を仕掛ける新たな手口

窓ガラスを割って侵入し、鍵をカンヌキごと外す

盗んだカンヌキで合鍵の作製を依頼

店側は住人だと勘違いするだけ

合鍵を作製したら元に戻し、ガラス店に電話し、ガラスを修復

最後は作った合鍵で施錠

いつでも盗聴器が設置可能な状態となる

盗聴器を設置させない対策として窓ガラスに防犯フィルムを貼る

さらにワンルームのドアポストの内側に盗聴器が仕掛けられる事も

(232)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク