10代の時の筋力が将来の自殺率に関係がある

ホンマでっか!?TVで紹介

日常に潜む危険

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●10代の時の筋力が将来の自殺率に関係がある

 

スウェーデンのグラナダ大学の調査

114万2599人の16~19歳、男性の筋力を測定

24年後に追跡調査

その結果、2万6145人が亡くなっていた

死亡者の内訳で多かったのが自殺で22.3%だった

自殺した中で、10代後半に筋力の強かった男性に比べ、

弱かった男性の自殺率が35%も高かった

 

10代後半に筋力を鍛えているとストレスに強い傾向がある事が分かった

(244)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク