原因不明の頭痛や発疹は遅延型アレルギーの可能性あり

ホンマでっか!?TVで紹介

抗加齢医学評論家:日比野佐和子によると

●原因不明の頭痛や発疹は遅延型アレルギーの可能性あり

アレルギーには2種類ある

食べてすぐに症状が出るような即時型アレルギー

対し、遅延型アレルギーは数時間~数日後に出るため自覚しづらい

例えば身体がだるい、胃の調子が悪い、原因不明の発疹がある場合、

遅延型のフードアレルギーが関係していることがある

遅延型アレルギー=IgG抗体の血液検査はアメリカに送る必要がある

保険外となるので3~4万円かかる

日比野はヨーグルトが好きで朝 毎日食べていた

遅延アレルギーの検査を受けた結果、ヨーグルトでIgG抗体の反応が高かった

午前中は身体の調子が悪いのが続いていたが、

ヨーグルトを食べるのを止めた途端に調子が良くなったという

毎日同じメニューの食事をすると遅延型アレルギーを発症しやすい

4日に1度の食事サイクルにする事で軽度の遅延型アレルギー予防となる (457)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク