災害時 楽観的な人が助かる傾向が高く、悲観的な人は逃げ足が遅くなる

ホンマでっか!?TVで紹介

 

心理評論家:植木理恵によると

●災害時に楽観的な人が助かる傾向が高い

 

誰か助けに来るだろう、と楽観的に考えられる人は、

エネルギーを保て助かる率が高くなる

 

楽観的な人は災害時に助かる方法を色々と考えられる余裕がある

 

事前に備えをするのが大切だが、災害時は楽観的な方が良い

 

悲観的な時、人は動きが遅くなる

●災害時、悲観的な人は逃げ足が遅くなる

 

最悪な事態を考え、用心深くなり過ぎ逃げ遅れる可能性がある (531)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク