高齢者の決断力が遅いのは、情報量が多すぎるから

ホンマでっか!?TVで紹介

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●高齢者の決断力が遅いのは、情報量が多すぎるから

決断力が遅いのは脳の老化のせいだと言われていたが、

知識が多すぎるため、決断力が遅くなる傾向がある

 

●ライス理論→稲作文化の日本人は集団行動が得意

中国の調査によると

中国は北が小麦文化、南が稲作文化

小麦文化の人は集団行動が苦手

稲作文化の人は集団行動が得意

稲作文化の日本人は危機の時、集団で行動した方が良い

集団で行動する場合、リーダーの最初の判断が重要となる

 

心理評論家:植木理恵によると

●外交的で情緒安定型の人間はリーダー向き

 

●やり始めたら最後までやる人間は情緒不安定になりやすい

仕事を途中で投げ出す人は情緒安定

 

周囲の人を生かす事を考える人は外交的なタイプ

(602)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク