受験戦争が過熱していた時代はイジメや自殺が少なかった

ホンマでっか!?TVで紹介

今どきの最新教育事情

 

心理評論家:植木理恵によると

 

●受験戦争が過熱していた時代はイジメや自殺が少なかった

 

思春期はエネルギーが有り余っている時期

 

サッカーでも受験勉強でも

何かに打ち込み発散する必要がある

 

昔の問題児は、家庭や環境に問題が多かったが、

今の問題児は分かりにくい

 

昔はイジメを庇うとヒーローだったが、

今はイジメを庇うとイジメられる

(667)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク