健康のために肉を減らすのは間違い

ホンマでっか!?TVで紹介

健康管理の新常識

 

予防医療評論家:倉知美幸によると

●健康のために肉を減らすのは間違い

肉は非常にタンパク質が豊富

タンパク質が不足すると

体の中の血液が作られず感染症や老化の原因となる

ダイエットの場合でも、肉を食べないと筋肉が落ち、

代謝が下がるため痩せにくい体になる

肉はセロトニンの原料や亜鉛等が豊富で優秀な食材

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

神経回路の発達を促す肉にはアラキドン酸(ARA)が含まれている

●高齢者でも肉を食べると脳機能改善につながる

肉(アラキドン酸)は魚(DHA)と共に脳機能改善に効果がある

 

肉を焼いた時のコゲには発ガン物質が含まれるが、

●肉をビールにつけて焼くと焦げても発がん物質が減る

特に黒ビールが良いと言われている

肉を焼く前に黒ビールに浸すと発がん物質の発生を抑制する

(724)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク