話すテンポが遅い人は 手を抜いている、自由すぎる、頑張ってる感がない、必死感が欠けているように見られる

ホンマでっか!?TVで紹介

 

KinKi Kids 堂本剛の悩みは、話が長い、話のテンポが遅い、話が脱線する

 

印象評論家:重太みゆき

●話すテンポが遅い人は 手を抜いている印象に見られる

自由すぎる、頑張ってる感がない、必死感が欠けている

話すテンポがゆっくりだと本気度が伝わらない恐れがある

話すテンポが早いと必死感があるので一生懸命感が伝わる

 

心理評論家:植木理恵によると

●話が長い人は 優しい人が多い

 

堂本剛は、話して変な間があいて、

話して変な間があいてという特徴的な話し方

 

心理学ではオンラインの話し方という

●考えながら喋る人は独特な間があく

自分の言葉から次の言葉を連想して、またその言葉から次の言葉が連想

聞く側は付き合わされる形になる

この話し方はお年寄りに多い

若い人は結論を決めてから焦って一気に話す傾向がある

 

植木が堂本剛を分析したところ、「かなり大事に育てられたんじゃないかと」

幼い頃、周囲がよく話を聞いてあげた環境が影響しているのでは?

(1395)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク