妻が10歳年齢詐称していた離婚裁判

ホンマでっか!?TVで紹介

離婚裁判であった妻の開き直り発言

法律評論家:堀井亜生のよると

年間婚姻件数は約65万組、離婚件数は約22万組

女性は追い込まれると堂々と開き直った発言することが多い

 

●妻の年齢詐称で離婚裁判

30代の夫婦、ある日偶然、夫が妻の免許証を見たときに、

妻の年齢が10歳違っていた事が分かった

さらにバツイチであることも隠していた

30代だと思っていたのが、40代だった

夫はバツイチであることと10歳違うことに

ショックを受けて離婚したくなり裁判となり、妻は離婚を拒んだ

夫側の弁護士が「ひどいウソをつくから夫の信用を無くしたんですよ」

 

妻の開き直り発言が、

●本当は42歳でも私の世界の中では32歳なので問題ないと思います

 

結果は、離婚不成立、夫は裁判で負けた

離婚裁判では年齢や離婚歴についてのウソは重視されない傾向がある

結婚生活をが困難になるようなウソは離婚が成立する場合もある

(524)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク