透視実験では確率より正解率が高い

心理評論家:植木理恵によると

透視能力について150年前から心理学者は、

カードの模様を当てる研究し続けてきた

確率的に当たる枚数は5枚のところ、

10万人の実験の結果、平均で7.5枚当たっていた

●透視実験では確率より正解率が高い

10万人の大規模実験結果から

人には透視能力があると言わざる得ない

 

実験者によって実験結果も変化する

透視能力はあると信じる実験者の場合は、いい成績が出る

透視能力を否定している実験者の場合は、いい成績が出ない

これを心理学では臆病効果と言う

実験者が疑っているモノは、負の効果が出る

●実験者の否定的な気持ちは、被験者に伝わり悪い結果を生む

なんとなく人の感情が雰囲気で伝わるのかも

(145)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク