100年後に分かることを科学者が霊界に行って聞いていた

脳科学評論家:澤口俊之によると

●100年後に分かることを科学者が霊界に行って聞いていた

17世紀に存在したスウェーデンボルグは、霊界日記を書いていた

 

1702年、すでに神経細胞、大脳皮質など

100年後に分かることを日記で言及していた

 

それは、霊界に行って聞いたと言っている

 

スウェーデンボルグは脳科学の先駆者として有名

 

非存在の証明は、悪魔の証明と言われていて

死後の世界はない という証明は、ほぼ不可能に近い

 

伝統文化評論家:岩下尚史によると

●昔の日本人は、死を恐れていなかった

死んだばかりの魂:荒魂は、祟るのを恐れ鎮めようとした

きちんと供養すれば魂は、自分らを守ってくれる存在になる

功徳を積めば自分の魂も死んだあと、

年2回(盆と正月)戻って来られる

(637)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク