味噌汁は、胃がん、乳がん、前立腺がん、肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●日本の味噌汁が健康食として世界的にも注目されている

味噌汁は日本人が発明したモノと言われている

 

味噌汁を飲む回数が多い人は、胃がんの死亡率が減る

乳がん、前立腺がんの予防にも効果的

さらに動物実験レベルであれば

肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

●味噌汁は、胃がん、乳がん、前立腺がん、肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

 

味噌汁の成分:ゲニステインが、がんの進行を抑制する

味噌汁の成分:メラノイジンが、細胞のがん化の活性を抑制する

 

長崎に原爆が落とされた、爆心地からすぐそば、

秋月辰一郎さんは、病院に味噌を大量に備蓄していた

爆心地のそばで患者にも職員たちにも味噌を大量に食べさせた

すると自身も職員も患者もひとりも原爆症を発症しなかった

その情報からチェルノブイリ原発事故の際、

ヨーロッパから味噌の注文が殺到したという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本の緑茶は認知症リスクを約65%も軽減させる

1日2杯飲めば効果がある

(266)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク