友達と思っている相手の半分は、自分を友達と思っていない

教育評論家:尾木ママによると

●友達と思っている相手の半分は、自分を友達と思っていない

 

アメリカの大学での調査

自分が友達だと思っていた94%が、自分は両想いだと思っていた

 

実際に両想いだったのは53%で、

半分は自分を友達だと思っていない結果だった

 

●12、3歳の子で5年後も 友人関係が継続しているのは、わずか1%

 

出身地や趣味など同じことが

多ければ多いほど友達関係は長続きしやすい

 

コミュニケーションは大切

様々な会社を調べたところ、

●コミュニケーション能力が高い会社は、生産性が高かった

そんな会社のデスクには、お菓子が置かれている

●デスクの上にお菓子があると人間関係が良好になる

デスクにお菓子があると会話量が増え、生産性アップにつながる

(240)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク