Kコンプレックスの状態に入ると最も目覚めやすい

脳科学評論家:澤口俊之によると

睡眠時、脳波にみられる電位波形で最も起きやすい状態をKコンプレックスという

この脳波が出たときが、最も目覚めやすい

アラームを低い音程に設定し、約20分間 鳴らし続ける

鳴っている間にKコンプレックスの状態になるとパンと起きる

●Kコンプレックスの状態に入ると最も目覚めやすい

 

起床後、足を冷たくすると体温が下がった後に上昇するので目が覚める

 

心理評論家:植木理恵によると

夏休みや遠足の日は、早く起きるもの

●ご褒美を予感するとスッキリとした気持ちで起きられる

朝の楽しみがある人は、スッキリと起きやすい

朝に報酬となる感覚的な刺激を作ると気持ちよく起きられる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク