魚の手軽な調理法は、茹でるが一番良い

魚食文化評論家:上田勝彦によると

●魚の手軽な調理法は、茹でるが一番良い

日本では、北は北海道から南は沖縄まで約300種の魚が食べられる

生、焼く、煮る、蒸す、揚げるの内、

最短で魚の個性が分かる調理法が煮る

茹でるのは、煮るの仲間、湯煮という

 

1、魚の切り身にうす塩を振り、

2、フライパンにたっぷりの湯を沸かし、

3、少量の酒を入れ、切り身を煮る

4、沸騰しない温度で静かに茹でる

魚の生臭みを酒が分解してくれる

 

●たった2分茹でるだけで美味しい魚が食べられる

 

魚は全般的に高温、長時間過熱に弱く、旨味、栄養が減少しやすい

茹でるは、低温、短時間加熱なので旨味、栄養が残る

 

●カレーやシチューの最後に昆布を入れると美味しさがアップする

何か物足りないという時に、後入れ昆布が助けてくれる

入れる前と入れた後で味の違いを見てもらいたい

昆布出汁の粉末でもOK (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク