2023年までに細胞培養で人工的にフォアグラを作る技術が開発される見込み

環境評論家:武田邦彦によると

将来、フォアグラが食べられなくなるかもしれない

フォアグラの作り方が問題視されている

アヒルの口を開けてロートを胃まで差し込み、トウモロコシを注ぐ

そのトウモロコシの量で、フォアグラの良し悪しが決まるという

 

生物学評論家:池田清彦によると

その作り方に対して、動物愛護団体が動物虐待だと訴えている

そこで、

●2023年までに細胞培養で人工的にフォアグラを作る技術が開発される見込み

 

経済評論家:門倉貴史によると

フォアグラ、キャビア、トリュフは、世界三大珍味に数えられている

三大珍味を食べたことがある人にアンケート調査したところ

●三大珍味の中でフォアグラの人気は、ダントツだった

40.6%の人が、フォアグラを1番に挙げた (9)

スポンサード リンク
スポンサード リンク