●加齢医学評論家:岡本宗史」カテゴリーアーカイブ

加齢医学評論家:岡本宗史によると

●双子は平均寿命が4~5年長い

身体的、精神的な結びつきが、言われなくても備わっている

 

異常心理評論家:杉浦義典によると

●一卵性の双子は、似たような配偶者を選ぶ

 

生物学評論家:池田清彦によると

●双子は、離れて暮らす方が似てくる

双子はIQや背丈など身体的な特徴は似ているが、専攻する学部などが違ったりすることも多い

 

幼少期に引き離されると全く同じ興味を持ったり、配偶者も非常に似てたりすることもある

双子は一緒に育つと相手を意識し、違うように生きることが多い

 

一卵性双生児は、昔は遺伝子が全く同じと言われてきたが、最近は全く同じではないことが分かった

 

一卵性双生児も最初はひとつの受精卵

細胞が分裂する中で、分かれるのが後になればなるほど似てくる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●双子は生まれた時、体重が重い方がボス

重い方がボス、軽い方がフォロワーという関係になる

双子の方が、きょうだい間の関係がはっきりすると言われている

(75)

スポンサード リンク

異常心理評論家:杉浦義典によると

●第一子は、きょうだいの中で一番頭がいい

 

幼少期にきょうだい同士で喋れば社会性がつくが、

第一子と一人っ子は、大人と喋るため知能の発達が早い

 

疲労評論家:梶本修身によると

●大企業の社長は、圧倒的に第一子が多い

アメリカの1583社の社長を調査

第一子が43%、末っ子が23%、一人っ子は3%しかいなかった

 

●女性の第一子はリーダーとして成功する

イギリスのエセックス大学の調査によると

第一子の女性は、男性よりも13%向上心が高く、リーダーシップもあることが分かった

 

加齢医学評論家:岡本宗史によると

●第一子は、100歳状まで長生きできる率が高い

アメリカの1000名ほどのデータを集約

 

第一子の方が、その他より100以上の長寿は約3倍多かった

他のきょうだいよりも母親の卵子が若いため、と思われている

 

逆に高齢出産のメリットは2つある

 

言うこと聞かない、攻撃的、いじめをするなど問題行動する子は、高齢出産の方が少ない

 

●出産が高齢であればあるほど母親が長生きする

33歳以降に子供を産んだ女性は、20代背出産を終えた女性より95歳まで長生きする確率が約2倍も高い

(85)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●末っ子はリスキーなことが好き

●末っ子はコミュニケーション能力が高い

 

加齢医学評論家:岡本宗史によると

足立区で5000人の親子にアンケートとったところ

●末っ子は不注意や問題行為が少ない

●末っ子は打たれ強い

真ん中っ子は、末っ子の次に打たれ強い

 

●末っ子はボランティア精神も高い

 

●末っ子はアレルギー疾患にかかりにくい

末っ子は小さい頃から兄や姉が病原体などに適度に曝露され、免疫が早くに構築されア

レルギー疾患を発症しにくい

 

マーケティング評論家:牛窪めぐみによると

●末っ子はユーモアのセンスがある

末っ子の46%が自分にはユーモアのセンスがあると感じている

 

疲労評論家:梶本修身によると

兄弟で大リーグに入ると弟の方がホームラン率が2.78倍高い

●兄より弟の方がホームランを多く打つ

さらに、兄より弟の方が、在籍年数が5.5倍長い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●末っ子の方が、盗塁に成功する

兄よりも弟の方が、盗塁成功率が約3.2倍

 

2つ理由が考えられる

弟や妹は、兄や姉に交じってスポーツを始めるのが早く真似る相手がいるため上達も速い

もう一つが、下の子はコミュニケーション能力が高く社交的なので団体スポーツが得意

 

法律評論家:堀井亜生によると

●末っ子は、意思決定が苦手

(72)

生物学評論家:池田清彦によると

●運動不足は、がんになる確率が上がる

男性の場合、膵臓、肝臓、大腸などのがんのリスクが約1.6~1.8倍に

女性の場合も、胃がんのリスクが約1.6倍に

 

加齢医学評論家:岡本宗史によると

1950年代のイギリスで2階建てバスの運転手と車掌を調査

すると車掌の方が運転手より圧倒的に長生きだったことが分かった

 

座り過ぎが体に悪い

●1日8時間以上座っている人は死亡率が60%アップする

 

予防医療評論家:木島豪によると

●蒸し大豆を食べるだけで筋力がアップする

1日300gの蒸し大豆を30日間、タクシー運転手が摂取したところ、

運動せずに握力や筋量が増加したことが分かった

 

大豆プロテインが入っていればOK

(43)

加齢医学評論家:岡本宗史によると

 

●貧乏ゆすりをするだけで代謝が55%アップ

 

貧乏ゆすりで大腿四島筋が震えることで

インスリンの効果が上昇し、代謝がアップする

 

約1万2000人の女性を対象に研究したデータでは

貧乏ゆすりする女性は、しない女性より圧倒的に死亡率が低いことが分かった

 

貧乏ゆすりは他人から見たらストレスだが、本人にとっては非常に健康のためにいい

(43)

スポンサード リンク