●心理評論家:植木理恵」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●上機嫌な顔と不機嫌な顔を併せ持つ人は大物になりやすい

 

いつも機嫌が良くてニコニコしている人は、あまり出世していない

 

笑顔と不機嫌な顔のギャップを持つ人に

周りは「どんな人なんだろう?」

「どうしたら取り入ることができるだろう?」

「気に入られたい」と関心を寄せる

(56)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●ヘアカラーを何度も変える人は、創造性が高く健康度も高いことが分かっている

心の病気の人がヘアカラーをすると新しい自分を発見したり、健康になったりと効果がある

髪型や色を変えない人は頑固な人が多い

 

皮膚評論家:玉城有紀によると

●ホクロの毛を抜くと皮膚がんになる可能性がある

ホクロは、母斑細胞の塊

ホクロに慢性的に刺激を与えてしまうと皮膚がんに変化する可能性がある

肌を傷つけないようハサミでカットする方が良い

 

生物学評論家:池田清彦によると

●直径7㎜以上のホクロは皮膚がんになる危険性がある

5㎜以内のホクロは、皮膚がんになる可能性が極めて少ない

大きくなり1㎝を超えると転移している可能性がある

(60)

生物学評論家:池田清彦によると

ドイツの哲学者カントいわく

女の人は世間の言う事が正しくて世間でやっている事が善、

と言っていたが、世間とは自分のこと

女性は世間(自分)の言う事が正しく、世間(自分)でやっている事が善と考えやすい

女性は男性よりも自分の行動を客観視することが苦手なので自分の以外のことにが目につきやすい

 

心理評論家:植木理恵によると

●女性は知らない間にやってくれた事に喜びや驚きを感じやすい

妻が驚くことがすごく愛情を感じる

(27)

心理評論家:植木理恵によると

新生児でも、自分のことで両親が言い争っていることは認識している

赤ちゃんが泣いている時でも喧嘩するのは良くない

僕は泣いてはいけないんだと引っ込み思案な、

友達を作りにくいなど性格形成に影響があることが分かっている

●赤ちゃんは夫婦喧嘩を聞いているので気を付けないといけない

 

認知科学評論家:中野信子によると

●「私、太ってる?」と聞いてきた女性への回答には、正解がある

太ってるかどうかの基準は決まっていないので

「気にしてるんだね、僕は気にならないけどね」

●「私のこと好き?」と聞いてきた女性への回答にも正解がある

「そんなことが気になるの?一緒に居るんだから好きに決まっている」と答えないといけない

(51)

心理評論家:植木理恵によると

●女性は、キレた時に本当はこうしてほしいとは言わない

どうして、いつもここにマグカップを置きっぱなしなの?

どうして、ハンカチたたまないの?など

本当にそのことを言っているわけではない

女性の心の置き換えという

いつも小さなことで怒る妻は、他のことで夫に不満を持っている可能性がある

夫は「時間あるけど手伝えることある?」と聞いた方がいい

 

認知科学評論家:中野信子によると

夫は褒められないのが当然と思って、家事をやらないと地雷を踏むことになる

男性は女性よりも褒められたい脳を持っている

 

●妻に注意されたときは、言い分を認めてなだめるのが効果的

女性の方が嫌な思い出をよく覚えており、記憶を引っ張り出しやすい

妻の怒りの感情が抑えられないときは、その場から離れ冷静になる時間を作った方が良い

(27)

スポンサード リンク