●心理評論家:植木理恵」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

実際にカウンセリングしている人の中にも霊が視える人は結構いる

霊が視える人にテストしてみると

●霊が視える人はIQや社会性が高い人が多い

さらに幼いころからの不安症、心配性、

過敏性がきわめて高い傾向にあった

 

●幻聴幻覚と霊が視えている時は、脳の状態が違うことが分かっている

霊が視える人の現象は、今後 科学的研究が進んでいく

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●日本では6割が、霊の存在を信じている

ここ50年で霊を信じる人が2割増加している

実際に霊体験ある人が18.8%もいる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●感情から色が視える脳の持ち主、感情的共感覚者は存在する

人間関係が視えるのは、脳波のシンクロの可能性が高い

(16)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

人生で7~8回、部屋の様子が変わると言われている

若い頃は、恋愛が多かったりお金の問題があったりと

心が煩雑なので部屋も散らかりやすい

健全な恋愛、借金の返済をすると

部屋もキレイにする気持ちが湧く

●部屋をキレイにすることを目的にする限り、部屋はキレイにならない

 

経済評論家:門倉貴史によると

20代の女性552人を対象に調査した結果、

●20代女子の56.7%が汚部屋女子だった

男性にアンケートをとったところ、

約8割の男性が汚部屋女子とは結婚したくないと回答

(40)

心理評論家:植木理恵によると

●恥ずかしさを強く感じて借りたお金は、きちんと返そうとする

仕方がない、と自分を正当化して借りたお金は、

あまり返そうとは思わない

 

教育評論家:尾木ママによると

子供の金銭感覚が分かり始めるのは3歳

センスが身につくのは、7歳まで

 

今、小銭の扱い方を知らない子が急増している

そんな子たちは、電子マネーを魔法のカードと呼んでいる

金銭の痛みと重みを知るために、お金のドリルが誕生した

(12)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●座って食べると立って食べるでは、味が変わる

座っているよりも立っている姿勢の方が、苦みが低く感じる

子供に苦い薬を飲ませるときは、立たせた方が良い

姿勢や平衡感覚ですら味覚に影響する

 

●箸でポップコーンを食べるとより美味しくなる

新奇的な行動をすることで味覚が高まり美味しく感じる

繰り返すことで味覚の高まりは薄れる

 

心理評論家:植木理恵によると

●子供からいじられる先生は、優秀

幼稚園でも小学校でも子供からいじられる先生は、

怯えて本当のことを言われない先生より、優秀

子供からいじられる先生の特徴は、

リアクションが大きい、笑い上戸

(48)

心の中が分かる10個の質問

Q1:今一番行きたい場所は?

Q2:人生で一番の冒険は何?

Q3:人生最後の日に食べたいものは?

Q4:人生で一番好きな映画は?

Q5:自分を動物に例えるなら何?

Q6:人生で一番怒られた相手は?

Q7:日頃何にお金をかけていますか?

Q8:現在の職業でなかったら何をしていた?

Q9:自分の体で1箇所 神様が直してくれるとしたらどこ?

Q10:言われたら嬉しい言葉は?

 

Q1:今一番行きたい場所は?

心理評論家:植木理恵によると

季節の自然を淡い楽しむ答えの人は、クリエイティブ能力が高い

 

Q5:自分を動物に例えるなら何?

思考心理評論家:寺尾敦によると

通常は自分の性格、人となりを例えた動物を挙げるもの

女性は、自分がこう見られたいという動物を挙げる傾向が高い

 

Q6:人生で一番怒られた相手は?

心理評論家:植木理恵によると

あなたは誰に人生で感謝をしていますか?が分かる

怒られた人=感謝したい人

 

Q7:日頃何にお金をかけていますか?

異常心理評論家:杉浦義典によると

食材を大事にする人は、五感を通じて楽しむことを重視している

 

Q8:現在の職業でなかったら何をしていた?

心理評論家:植木理恵によると

女性は一般的に自分が真似してみたい職業を挙げる

自分は何をしたいのかという考え方をするのは男性的

 

言語心理評論家:黒沢学によると

人が考えて答える仕組みは、2つある

早く答えた質問は、普段から気にしているから出る反応

遅く答えた質問は、自分の何かを押し止めたい反応

 

心理評論家:植木理恵によると

最後に食べたいもの⇒母の手料理=昔の思い出を挙げるのは女性的

最後に食べたいもの⇒白米=物質的、客観的な回答は男性的

(49)

スポンサード リンク