●法律評論家:堀井亜生」カテゴリーアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

脳的に男性よりも女性の方が出来事を覚えている

その記憶は、ネガティブな感情と結びついている

昔の出来事を思い出すとネガティブな感情を先に思い出してしまう

●女性は過去のネガティブ感情を思い出しやすい

 

●ヒドイことしても許される夫は、妻をコントロールしている

その方法は、変則的な報酬を与える

褒める、優しくする、逆に素っ気なくする、

語りかけないなど変則的に出すと許されるに夫になる

 

法律評論家:堀井亜生によると

●夫が身勝手なほど妻は離婚したがらない

気分屋で波がある夫の方が、追いかけている感じがして許してしまいやすい

(32)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

簡単に親と会ってくれる男性は要注意

結婚に焦ると早く親に合わせたり、周囲から固める女性は多い

そういう女性の多くは、浮気される

 

●結婚を焦り周囲から固める女性は、浮気されやすい

 

浮気した夫に裁判の尋問で「なんで結婚したの?」と問いかけると

「相手がしたそうだったから」という

結婚を自分の意志ではなく

周囲から固められた男性は責任感がなく浮気に走りやすい

(84)

認知科学評論家:中野信子によると

「今日の夕食、何がいい?」に対し

●「何でもいいよ」は妻の脳に負担をかける

「君のオムライスが食べたい」が模範解答

夫が何かメニューを言う事で妻の脳の負担は減る

 

法律評論家:堀井亜生によると

妻に怒られている間は、まだ円満

無視されだしたら末期症状

離婚相談に来る妻は、もはや夫の服装を気にしたりはしない

妻が夫の服装に意見している間は、夫婦関係としては良好な傾向にある

 

認知科学評論家:中野信子によると

●女性は出来事を思い出すと感情も湧き出てくる

(67)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●妻が理想とする家事 3ポイント

1,自主性:言われる前にやる

2,意外性:やれるとは思われていないことをやる

3,自己完結性:最後までやる

 

●妻に「何か手伝おうか?」はNGワード

「手伝おうか?」は、当事者意識が低い

 

法律評論家:堀井亜生によると

離婚の相談を受けていると

「妻は家で何もしていない」「俺の仕事よりは楽」という前提で話をされる

奥さんは家が職場

夫が帰宅すると延長で仕事

オンオフがない状態で疲れる

(101)

法律評論家:堀井亜生によると

●「罰金〇〇円頂ます」の貼紙は意味がない

 

犬の糞を持ち帰らないと罰金〇〇円、違法駐車は1日〇〇円など

貼紙をよく見かけるが、法律上の意味はない

 

罰金は書いた人が勝手に決めているので、そのまま払う必要はない

損害が発生して払うこととなっても金額は最終的に裁判所が決める

 

貼紙を出すのであれば、

「違法駐車した場合は、損害賠償請求します」と書いた方が良い

(78)

スポンサード リンク