Category Archives: ●法律評論家:堀井亜生

法律評論家:堀井亜生によると

●最後まで話を聞く人は、詐欺に遭いやすい

知らない人に話しかけてくる人は、

普段 邪険に扱われていたり聞いてくれない人が多いので、

話を聞いてしまうと相手が誤解して付け上がりやすい

 

心理評論家:植木理恵によると

明らかに敵意を持っている人、邪魔をしようとしている人に

アイカメラをつけて実験すると、

相手の動きや表情に敏感に見ていることが分かった

●敵意を持っている人は、相手の動きや表情に敏感

 

相手が少しでも誤魔化そうとしたり、少しでも逃げようとしたりすると

バカにしていると、あらぬ怒りを招く可能性がある

絡んでくる人を、上手くかわしたつもりで店を出ても、

追いかけてくることが結構ある

 

●変な人に絡まれたら、第三者を入れる

逆上した人とされた人の2人だけでは、なかなか解決しにくい

第三者に免じて怒りを収束しやすい (4)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

カップルのどんな姿を見るとバカップルだなと感じるか?のアンケート調査では、

ダントツ1位は、人前でベタベタする

 

アメリカのフロリダ大学が、4年間 新婚カップルを追跡調査によると

●ベタベタ、イチャイチャするカップルは、圧倒的に浮気する確率が高い

ベタベタした側も、された側も浮気する割合が高かった

ベタベタ・イチャイチャする人は、いつか自分は捨てられるんじゃないかと

パートナーの愛情に不安を感じている傾向があり

ベタベタされた側は、徐々に重たく感じ、違う自分を演じるようになる

 

法律評論家:堀井亜生によると

●ベタベタしたい男性は、浮気性

人前でベタベタするのは、相手への愛情表現ではなく

恋人がいることを人に見せたいと思う自己満足

 

●愛妻家な男性ほど外では あまりベタベタしたがらない

 

心理評論家:植木理恵によると

●女性は、ネガティブな記憶を一生忘れない

男性は女性がしたいことに合わせてあげた方が将来的に楽 (33)

法律評論家:堀井亜生によると

字にまつわる離婚裁判があった

 

夫婦、子供の3人家族

ある日、夫が妻の部屋に入ると手帳が開いてあった

開いてあったページには、筆圧が強く字を書いた跡が残っていた

跡のあるページを鉛筆でこすると

“あなたの子供は元気です。”と浮かび上がった

 

●筆圧が強すぎて浮気相手のラブレターを発見

 

子供はすでに20歳を超えている

自分と子供をDNA鑑定したら、自分の子ではなかった

 

子供の本当の父親は、夫の親友だった

 

夫は、これからも親子であることを望んだという (10)

Q:長年付き合った彼氏がいる中、別の人を好きになりました。別れ話をしてください

 

法律評論家:堀井亜生によると

ポイントは、別れ話に「好きな人ができた」と言うかと、

「男性の方が悪くない」ことをわざわざ言ったか?

 

「男性の方が悪くない」は、男性を傷つける

「好きな人ができた」は、最も男性を傷つける

 

●別れ話に男性の方が悪くない&好きな人ができたを言う女性は、男性を傷つける

 

好きな人ができた、あなたは悪くないで別れると、男性がストーカー化しやすい

好きな人ができた、では、そいつがいなくなればまた付き合えると考える

「もう無理」「嫌い」と告げないと、こじらせてストーカーになりやすい (28)

法律評論家:堀井亜生によると

モラハラ系の人は、自分がしっかりしている分、

相手にイライラして喧嘩に発展しがち

 

●モラハラ系の男性は、おっとりした女性と結婚することが多い

またモラハラ系の夫の家庭は、子供が多い傾向がある

 

モラハラ系の男性は正義感が強く、

間違っていることが許せない

正義感強いので正しいことを正しく言ってしまうため、

実社会では上手くいかず、孤独を感じ、

家族にぬくもりを求め、大事にする傾向がある (88)

スポンサード リンク