●法律評論家:堀井亜生」カテゴリーアーカイブ

法律評論家:堀井亜生によると

相手がどう思うか深追いする男性は、女性に浮気されやすい

プレゼントして「本当にうれしい?」と聞く男性は浮気されやすい

何度も気持ちを確認されると面倒と思われ、

他にいっても大丈夫と浮気に走る傾向が高い

●「好きなの?」ではなく「好きだ」と伝えるだけでいい

 

印象評論家:重太みゆきによると

目線の位置による表情の印象の違いの実験では

女性の目を見て話す場合と女性の鼻を見て話す場合を比較

すると

●相手の目より鼻を見て話す方が好印象だった

鼻を見て話すと目が寄り目になり優しい印象の表情になる

(48)

スポンサード リンク

Q:恋愛は、自分から好きになる? 相手に言われてから好きになる?

 

法律評論家:堀井亜生によると

●告白されてから好きになる女性は、男運がない

 

相手の男性から告白されて付き合うのは、一見モテるように感じるが、

モテているようでモテていない

 

ナルシストの男性は、自分が1番で彼女は2番以下

自分に合う女性を探すため片っ端から告白している危険性がある

なかなか自分だけを好きになるような人はいない

 

なので自分も選んでいないような気がしているが、相手もたいして選んでいない

 

自分から好きになった男性が、運命の相手になる可能性が高い

(110)

心理評論家:植木理恵によると

挨拶の意味は、心理的に2つある

1、リスペクト:敬意、感謝を表す

2、チアアップ:元気、エネルギーを交わす

リスペクト、チアアップの2つの挨拶を、

大人になると巧妙に使い分けている

 

法律評論家:堀井亜生によると

●相手の本心を勝手に解釈する人は、結婚できない

自分の本心すら分からないのに、相手の本心を気にする人がいる

相手の本心なんて分かるはずないのに

勝手に解釈して判断するタイプは、

人間関係を狭めている

プレゼントを貰っても、素直に喜べず、

どういう意図があるのか?など気になってしまう

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

相手の本心を深読みしすぎると

やがて孤独、自己中心的になる可能性がある

(153)

法律評論家:堀井亜生によると

●メールより電話を重視する人は、DV、モラハラタイプの可能性がある

このタイプは、自分がどう思っているかよりも

相手がどう思っているかを気にしている

 

相手の顔を見たい、温度、テンションを知りたい、

相手の様子を確認したいは、

すなわち相手の感情を支配したい

 

自分に自信がなく不安な人は、相手の気持ちがすごく気になりやすい

言葉の背後を探ろうとせず、一旦 素直に受け止たほうが楽になる

(187)

法律評論家:堀井亜生によると

●隣人の部屋の臭いがヒドイと勝手にベランダに頑丈な壁を作る住人がいる

隣のタバコの臭いがヒドイとよくクレームがある

 

それにとどまらず、それを防ぐために

ベランダの仕切りに業者を呼んで本格的な壁を作成した住人がいる

かなり神経質な住人で大家にクレームを言ってきていた

しかしベランダが共用部分なので勝手に造作物を作ってはいけない

大家と管理会社から撤去するように言われ、撤去した

 

タバコの臭いがヒドイと調査をしたが、隣人はタバコを吸っていなかった

 

上の騒音がヒドイと言いながら、上は空き家だったなど

●臭いや騒音トラブルは、近隣が原因ではない場合もある

問題の原因が隣人と思い込んだまま、トラブルに発展するケースもある

(26)

スポンサード リンク