●法律評論家:堀井亜生」カテゴリーアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

「今日の夕食、何がいい?」に対し

●「何でもいいよ」は妻の脳に負担をかける

「君のオムライスが食べたい」が模範解答

夫が何かメニューを言う事で妻の脳の負担は減る

 

法律評論家:堀井亜生によると

妻に怒られている間は、まだ円満

無視されだしたら末期症状

離婚相談に来る妻は、もはや夫の服装を気にしたりはしない

妻が夫の服装に意見している間は、夫婦関係としては良好な傾向にある

 

認知科学評論家:中野信子によると

●女性は出来事を思い出すと感情も湧き出てくる

(33)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●妻が理想とする家事 3ポイント

1,自主性:言われる前にやる

2,意外性:やれるとは思われていないことをやる

3,自己完結性:最後までやる

 

●妻に「何か手伝おうか?」はNGワード

「手伝おうか?」は、当事者意識が低い

 

法律評論家:堀井亜生によると

離婚の相談を受けていると

「妻は家で何もしていない」「俺の仕事よりは楽」という前提で話をされる

奥さんは家が職場

夫が帰宅すると延長で仕事

オンオフがない状態で疲れる

(59)

法律評論家:堀井亜生によると

●「罰金〇〇円頂ます」の貼紙は意味がない

 

犬の糞を持ち帰らないと罰金〇〇円、違法駐車は1日〇〇円など

貼紙をよく見かけるが、法律上の意味はない

 

罰金は書いた人が勝手に決めているので、そのまま払う必要はない

損害が発生して払うこととなっても金額は最終的に裁判所が決める

 

貼紙を出すのであれば、

「違法駐車した場合は、損害賠償請求します」と書いた方が良い

(51)

法律評論家:堀井亜生によると

ネット通販のトラブルが、去年の7割増

●ネット通販は、クーリングオフが使えない

クーリングオフ制度は、訪問販売などで一定期間内であれば

理由を問わずキャンセルできる制度

ネット通販ではキャンセル不可なものも多く、

購入時に返品条件などをかくにんしておくべき

 

食事制限&運動不要!自宅簡単ダイエットと

書かれたバナーをクリックすると

美容オンライン診療に遷移し、自宅に未承認薬が送られてくる

●オンラインダイエットで糖尿病の薬が送られてくる

それは注射タイプの糖尿病の治療薬

糖尿病の治療薬が痩せ薬として若者の間で流行っていてトラブルが急増している

送られてくる未承認薬は、医師などから説明を受ける必要がある

実際打ってみると吐き気がしたり体調を壊す人がいる

それについて連絡しても医師はいない

(53)

●Q:海と星の絵を描いてください

生物学評論家:池田清彦によると

海の波がポイント

波が凪の場合は、精神的に穏やかな状態

波が荒れている場合は、心が荒れ気性が荒い状態

 

法律評論家:堀井亜生によると

●別れを素直に受け入れる方が、結婚に向いている

別れを告げられて、相手を責める、自分の意見を強く言う女性は、

彼の意見を聞かずにブロックするタイプで結婚に不向き

(77)

スポンサード リンク