●脳科学評論家:澤口俊之」カテゴリーアーカイブ

●おっさんの話が長いワケ

生物学評論家:池田清彦によると

脳の前頭前野が老化すると、論理的にうまく話せなくなり、

話を繰り返すようになる

偏桃体が老化すると

●歳を重ねると相手の感情を読み取るのが下手になる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●歳を重ねると時間の感覚が分からなくなる

自分では短いと思っても実際長い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●中年期 力が強いほど認知症のリスクが減る

(20)

スポンサード リンク

年上世代と飲みに行くと食べきれないほどの料理を注文する

●年上世代が料理を多めに頼みすぎるワケ

脳科学評論家:澤口俊之によると

長老効果という

●歳を重ねると若者をリードしたい欲求がでる

自分は食事をご馳走できる能力を持っていることを示したい欲求がでる

一緒に食事をすることで協調性、親密さが増す効果がる

 

経済評論家:門倉貴史によると

●若者世代は年上との食事でも割り勘派が増えている

・気を使わなくて済むから

・借りを作りたくないから

・奢ったのにと後からグチグチ言われそう

2001年には約10%だった割り勘派の割合が、

2016年には56.85まで増加している

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●上司が奢るのを禁止する企業が増えている

部下が上司を評価する時代になったため

部下に気に入られようと奢ったと思われる可能性がある

(20)

生物学評論家:池田清彦によると

●男運悪い最大の原因は、相性が悪い男ばかりに惹かれるから

相性は、フェロモンが関係している

●横に座っただけで気分がいい男性が、自分に合う男性

イケメン、金持ちなど客観的データを重視して

直観を重視しないと失敗しやすい

 

男性の近くで気分が良いか、見分ける力を持つことが大切

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●人工知能でも客観的な情報だけは自分に合う人は見つけられない

写真などの情報を100項目以上 AIに入れて、

相性の良い異性を探させる実験を行ったが、

相性の良さまでは分からないことが分かった

人工知能では学習しきれない実際に会った時の匂いなどの情報が相性の判断には重要

 

心理評論家:植木理恵によると

●お見合いの離婚率は低い

親戚など自分の信用できる人に自分と会う人を委ねてみるのもアリ

(39)

心理評論家:植木理恵によると

挨拶の意味は、心理的に2つある

1、リスペクト:敬意、感謝を表す

2、チアアップ:元気、エネルギーを交わす

リスペクト、チアアップの2つの挨拶を、

大人になると巧妙に使い分けている

 

法律評論家:堀井亜生によると

●相手の本心を勝手に解釈する人は、結婚できない

自分の本心すら分からないのに、相手の本心を気にする人がいる

相手の本心なんて分かるはずないのに

勝手に解釈して判断するタイプは、

人間関係を狭めている

プレゼントを貰っても、素直に喜べず、

どういう意図があるのか?など気になってしまう

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

相手の本心を深読みしすぎると

やがて孤独、自己中心的になる可能性がある

(67)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●歯周病菌増加で認知症のリスクが高まる

口の中の歯周病菌が、脳に行ったことになる

 

通常は菌が脳に侵入しようとしてもバリアで食い止める

 

歯周病菌はあるタンパクを出して、バリアを突破する

そのタンパクは、神経細胞を破壊することが分かった

それによって認知症の症状が早まる

(12)

スポンサード リンク