Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

最新ライフスタイル評論家:くどうみやこによると

ある保険会社が行った恋愛に関する都道府県別の意識調査によると

恋愛の相手に求めるものの問いに対し、

内面の良さを重視しているのが、全国で徳島県が1位だった

●徳島県の男性は、日本で最も相手の内面の良さを重視する

 

逆に外見を重視する1位は、新潟県だった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

都会よりも田舎の方が、異性の魅力に対し、

身体的魅力性を重視しなくなる傾向がある

都会には人が多く、比較されやすためと考えられている (3)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

睡眠時、脳波にみられる電位波形で最も起きやすい状態をKコンプレックスという

この脳波が出たときが、最も目覚めやすい

アラームを低い音程に設定し、約20分間 鳴らし続ける

鳴っている間にKコンプレックスの状態になるとパンと起きる

●Kコンプレックスの状態に入ると最も目覚めやすい

 

起床後、足を冷たくすると体温が下がった後に上昇するので目が覚める

 

心理評論家:植木理恵によると

夏休みや遠足の日は、早く起きるもの

●ご褒美を予感するとスッキリとした気持ちで起きられる

朝の楽しみがある人は、スッキリと起きやすい

朝に報酬となる感覚的な刺激を作ると気持ちよく起きられる (118)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●若者の睡眠の質が悪いのは、SNSのやりすぎが原因

SNSのやりすぎが原因の睡眠の質が

低下している若者は、5人に1人と言われている

寝ている間にSNSが更新されるのではないかと気になってしまうため

若者の5人に1人は、スマホをつけっぱなしにして、

寝ている間にSNSで応答しているという

 

経済評論家:門倉貴史によると

イギリスの研究の発表では

●寝室全体の色調が白色だと安眠できない

白は集中力が増すので、安眠には適さない

実験では、青色が心拍数を下げ睡眠の質が向上し、

最もスッキリ目が覚める色だった

 

法律評論家:堀井亜生によると

自分だけ先に起きて出勤し、妻が寝ていることに不満がある夫が多い

それくらい朝起きることに、みなストレスを感じている

●朝スッキリ起きられる人は、他人にも厳しい

DVやモラハラする人の傾向

口癖は「俺はできるのに何でできないの?」 (41)

脳科学評論家:澤口俊之によると

血液型と性格の相関関係は、これまで否定されていたが、

 

2011年に血液型の遺伝子と脳内ホルモンの遺伝子とのリンクが発見され、

研究が世界各地で行われている

 

2015年、根気強さや持続性が優位なのが

A型であることが分かった

 

●血液型の中で一番 A型が根気強いが科学的の証明

他の血液型は横並びで、A型のみが根気強さが一番高かった (76)

サイエンス・デイリーに掲載

●全ての血液型をO型に変える万能血液の実現が近づく

B型やA型の血液を輸血のためにO型に変える

O型のRh(-)は、緊急時 全ての血液型に輸血が可能

血液型は、赤血球の上にくっついている抗原の種類で決まる

A型のA抗原は、抗原がないO型にとって害

酵素で抗原をはがし、全ての血液型をO型に変える仕組み

 

血液型は、ABO式やRh(+)(-)だけではなく、かなり多くの種類がある

知られているだけでも

●血液型は250種~1000種くらいある

人口約76億人のうち、血液型が完全に同じ人は、

一卵性双生児以外は、ほとんどいないとされる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

2018年に入ってから新たに1000種類もの血液型の変異型が発見された (55)

スポンサード リンク