Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

生物学評論家:池田清彦によると

●第一子の方が、近視になる確率が高い

第一子と親の教育熱の高さが関係している可能性が考えられる

 

眼評論家:林康隆によると

●現代の若者は、まばたきの回数が減り不完全になっている

まばたきには、目の表面に酸素や栄養を与える大事な役割がある

さらに表面を涙液でならし、モノを見やすいようにする役割もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●茶色い目の人は、信頼されやすいという事が分かっている

黒や茶色い目は、信頼されやすい

青や薄い黒や薄茶色の目は、信頼されない (5)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

幼少期からいびきをかく子は、

思春期以降に問題行動を起こす可能性が高いことが分かっている

 

いびきは、侮れない

いびきが続くと脳の神経細胞が死滅する

高齢者の場合、認知症のリスクになる

 

心理評論家:植木理恵によると

短い睡眠の時、無呼吸症候群ではない20代を対象にした実験では、

「僕はいびきをかくんです」の宣言して寝ると、

いびきの確率が下がることが分かった

コンプレックスを宣言することでリラックスするため

 

例えば、「僕は計算が遅いんだ」「僕は掃除が下手なんだ」

と弱点を宣言して周りの人に了承を得てもらった方が、

心がリラックスして結果的にできるようになる (11)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●爪噛みの良い面は、アレルギーになりにくい

爪を噛むことで口から雑菌が侵入し免疫力が強くなる

 

しかし、爪噛みは、良くない

基底にあるのは、不安感

不安感があるときに爪を噛むと、快感になっていく

それを身体集中反復行動という

爪噛みや髪の毛をいじるなど

不安感がベースにあるので、不安感を鎮めると直りやすい

 

●爪噛みと歯ぎしりは、一連の行動

根本には、攻撃性と不安感がある

 

●窓から小鳥がチュンチュンしている平和な風景を見ると不安感が軽減される (23)

脳科学評論家:澤口俊之によると

最近、紫外線が良いことが分かってきた

●紫外線には未知の物質が含まれており、脳に良い

紫外線には、今まで確認できていない未知の成分があり、脳に効果的

 

●紫外線を浴びると痩せる(2004年の論文)

朝、紫外線に浴びると脳が抑制され、食欲が減ることが分かっている

紫外線を浴びることで一酸化窒素が増加するから

 

夜に浴びず、朝に紫外線を浴びることが大切

紫外線を浴びると快感物質のβエンドルフィンを分泌する

進化的に紫外線を浴びたくなるようになっているという説がある

 

環境評論家:武田邦彦によると

20年前、皮膚科の医師が、太陽に当たると

シミになったり皮膚がんになると言い、

女性たちは、みな紫外線対策にいそしんだ

10年前に大規模な調査を瀬戸内海で行われた

すると

●太陽の光を浴びている高齢者の方が元気で長寿であることが分かった

現在は、世界的に太陽の光を浴びることを推奨している (21)

●図書館の本は、消毒機で消毒されつつある

本に付着した汚れやニオイが気になるという声を受け、

全国にある約300の図書館が書籍消毒機を導入

書籍消毒機は、本を紫外線や送風で殺菌、清掃する

小さい子供がいる親からは安心して本が借りられるという声も

 

日本で始めた導入したのは、大阪

海外の書籍消毒機を導入したところ、評判が良かった

議員が導入して活動報告をすると票に繋がりやすいと全国に広まった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●本の古い匂いは、読書の集中力を高める (9)

スポンサード リンク