Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

骨格筋評論家:岡田隆によると

●キャッチボールをすると視力が良くなる

目の中の毛様体筋が水晶体(レンズ)を厚くしたり薄くしたりピントを調節する

このコントロールが甘くなるとピントが調節できなくなる視力が悪くなる

キャッチボールは、近くと遠くを見るため、ピントの調節を自然に行う

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●緑のサングラスをかけて走ると視力が良くなる

毎日20分程度の有酸素運動を行うことで

脳の視覚野が大きくなることが分かっている

視覚野が大きくなることで頭もよくなり、かつ視力も良くなる

緑色は、網膜に効果的

 

眼評論家:林田康隆によると

●ペンのキャップを1日20回さすと視力が良くなる

スマホの普及で、手元を見る時代に

ピントが固まり、視線を動かさない機会が増えている

スマホ老眼は、全年齢を通して調節障害を起こしている

1、左手でキャップを持ち、肘を軽く曲げる

右手でペンを持ち、まっすぐ外に出す

2、顔を動かさずにペン先にピントを合わせ、目で追いながらゆっくり動かしてさす

これを1日20回行う (11)

スポンサード リンク

美容整形評論家:小野准平によると

美容整形で一番聞かれるのが、「どこを直したらキレイになれますか?」

そんな時、自分で簡単に分かるチェック法がある

●手で顔の一部を隠すとどこを整形したらいいか分かる

目や口を隠して見た顔がキレイかどうかで整形したほうがいい部分が分かる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●美人は男性にストレスを与える

男性は美人と一緒にいるとストレスホルモンが上昇する

 

印象評論家:重太みゆきによると

●「シー」のポーズで美人かどうかわかる

美人の条件の一つで、鼻先とアゴ先の横から見たラインをEラインという

鼻先とアゴ先を結んだラインに唇がギリギリ触れるのが良いとされる

●唇がEラインを超える女性は、笑うと美人になる

●歯がEラインを超える女性は、上目遣いで美人に (13)

災害時に日本人は、逃げないワケは、

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本人は、全体的に不安感が少ないため逃げるのが遅い

1、日本は太古より災害が多いため、慣れで不安感が低くなった

2、日本人は集団主義で「みんなで一緒に」の精神が強い

 

心理評論家:植木理恵によると

●逃げることを恥ずかしいという観念が、世界の中で卓越して高い

 

●日本人男性は、危ないモノ、怖いモノに立ち向かう気持ちが強い

 

雨防災評論家:山田正によると

●アメリカはハリケーンで600万人が避難した (19)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●気圧が低いと古傷が痛くなるは、否定されている

気圧のせいと思い込むことで

古傷に意識が向かい、痛いと脳が勘違いするから

 

●体を丸めて傘をさすと、うつ的になる

 

心理評論家:植木理恵によると

すごく雨が降る、すごく雪が降るときは、年間を通して1番 精神疾患率が低い

ザーザー振りが続く日は、犯罪率も低くなる

 

逆に、最も犯罪率が高まり、心がイラ立つのが、

今にも雨が降りそうで降らない日が続く

●雨が降りそうで降らない日が続くとイラ立つ

グレーゾーンが続くと精神疾患や犯罪が増える傾向にある (11)

脳科学評論家:澤口俊之によると

憧れの人をイメージすると道徳、意思決定、

感情コントロールの脳領域が活性化する

●憧れの人をイメージするだけで人生が良い方向になる

 

●喫煙者は、死を意識すると禁煙しようとする

昔は死を考えるとダメな方向に向かうと考えられていたが、

現在は、死を考えた方が、その後の人生が良くなると考えられている

例えば、がんを治そうと思っていなかった患者が、

死を考え始めると がんの治療に入る

 

他にも、死を考えると利他的になる、親切になる

●死を意識すると親切な行動をしやすい

死を意識し、健康を気にすると相手にも親切になれる

 

お墓に行くだけでも死を意識する

●お墓に行った後、約40% 利他性が高まる (26)

スポンサード リンク