Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

なぜ人間の肌は、ある程度の色素を持っているのか?

それは紫外線を吸収するため

 

なぜ人間は、肌からβエンドルフィン(快感物質)が出るのか?

●肌は紫外線を受けると快感物質が出る

紫外線を浴びると肌に痛みが出るが、

快感物質を出すことで傷みを緩和している

 

体内でビタミンDなどの合成、作成するために

紫外線を浴びる必要性がある

 

●良い香り(バラの香り)を嗅いで相手を見るとシワが強調され、より老けて見えてしまう (10)

スポンサード リンク

●花屋に行く習慣がある女性は、肌の状態がいい

花屋や青果店に行く習慣がある人は、

行かない人より肌の状態が良好であることが分かった

ノーマルフローラ(常在菌)の種類によって肌の状態は変わる

 

●野菜や花に生息するバクテリアは、肌に良い

バクテリアが肌につくと細胞同士を隙間なく繋ぎ合わせ

水分の蒸発を防ぐと考えられている 脳科学評論家:澤口俊之によると

男性に関して、肌がキレイな方が良い、という研究が多い

●野菜と果物を多く摂ると肌の色が良くなる

野菜や果物に含まれる色素が沈着し、魅力的な肌の色になると言われている (11)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

自分の字に自信がない人は、78%もいる

そこで

●ロボットが文字を書いてくれるサービスがある

専用のソフトに文字を入力すると

人工知能を持つロボットが便箋に文字を書いてくれる

あまりにも字が上手すぎるので、

わざと下手に書く、同じ字でも微妙に変えるように改造

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●色々な道具を使うことで字が上手くなる

ペンを持つとペン先まで脳領域が反応する

色々な道具を使うことで字が上手くなりやすい

料理人が書く おしながきが上手いのは、

様々な調理道具を使いこなしているから (10)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●脳科学的には、ワニの肉がオススメ

人類は、200万年前からワニ肉を食べていた

鳥類の起源は恐竜類、ワニも恐竜と近縁なので鶏肉に近い

 

生物学評論家:池田清彦によると

人間が肉を食べるようになったのは、250万年前

肉を食べるようになったのは、脳を大きくするため

脳の成分は、不飽和脂肪酸(アラキドン酸やDHA)

不飽和脂肪酸は、肉に多く含まれている

●人類は肉を食べ始めてから脳が大きくなった

肉を食べ始める前の脳容量は、450㏄でチンパンジーより少し多い程度だった

肉を食べるようになって脳が急激に大きくなり650㏄のホモ属が誕生

ホモサピエンスは1350㏄

農耕を発明し、肉をあまり食べない生活になってから人類は太るようになった

 

穀物だけで必要なアミノ酸を摂ろうとしてカロリー過多に (12)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●天井が高い部屋は、創造力を高める

家の天井は、2,4mが標準だが、

3m以上の天井は、脳が活性化し、創造力が増す

 

●色んな物が多い部屋は、創造力を高める

雑多な情報が脳に無意識に入り、アイデアが生まれやすい

 

●家の中に魚がたくさんいるとストレスが軽減する

さらに水の流れる音は、ストレス軽減、集中力向上の効果がある

 

●仕事の合間にゲームをするとリラックス効果がある

 

●カラフルな物を見ると創造力が高まる

 

●デジタル媒体よりアナログ媒体の方が宣伝効果を持つ

 

●狭い場所でモノづくりする方が、より広大な作品ができる

狭い空間でモノを考えると逆に広い世界を創造しやすい

 

●4歳の頃の絵心が将来の知能に関係する

算数が得意な子は、空間認識能力が高く絵もうまくなりやすい (22)

スポンサード リンク