Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

心理評論家:植木理恵によると

人が悩む時というのは、自分に注目している時

心理学で自己注目という

 

明かりも音もない時、自分に気持ちが向かう

夜は、まさにその条件がそろうので悩みが増える

●明かりがついた部屋でテレビをつけると悩みは出てこない

 

薄暗い部屋で考えると自分に注目し、深く根本的なことを考え始める

 

他人に悩みを相談された後、悩みが解決しても報告がないのは、

自力で解決したと思いたいから

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

夜は感情的記憶を抑える能力が落ちるので他人に相談したくなる

●夜は購買欲の制御もできなくなりネット注文に意欲的になる (2)

スポンサード リンク

企業クレーム評論家:谷厚志によると

●国内旅行のクレームで1番多いのは、北海道

1番多いのが、「北海道が広すぎる」

バスツアーに慣れているシニア世代が、

距離が遠くて疲れたとクレーム

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

寒さは、抽象的な思考能力が高まる

●寒い地域には、哲学者が生まれやすい

寒さの中で過ごすと独特な思考が育まれる

 

生物学評論家:池田清彦によると

●キタキツネは致死率90%の寄生虫エキノコックスを持っている

キタキツネの糞から感染し、治療せずにいると致死率 約90%

エキノコックスは、犬からも感染する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●北海道ではマムシにも要注意 (23)

心理評論家:植木理恵によると

アメリカで、漫然とコンビニエントに手に入る同じ物を

食べ続ける20代を調査した結果

5年後、攻撃性が高まったり、

ストレス耐性が低くなることが分かった

●漫然と同じ物を食べ続けると攻撃性が高まり、ストレスに弱くなる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●怒ると物欲が高まる

怒らなければ物欲は高まらない

物欲と怒りは、同じ脳領域

怒ると怒りを鎮めるため物欲が高まってしまう (37)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●美容整形は脳をポジティブにする研究結果が多い

美容整形した人は、自尊心や社会性が向上しやすい

 

また豊胸手術した女性は、

パートナーとの関係が60%も向上している

 

豊胸の美容整形医師:上原恵理によると

自分の脂肪を使うと豊胸だとバレないほどの柔らかさになる

●嘘(豊胸)の谷間はY字

本物の胸の場合は、寄せるとI字になる (16)

骨格筋評論家:岡田隆によると

●キャッチボールをすると視力が良くなる

目の中の毛様体筋が水晶体(レンズ)を厚くしたり薄くしたりピントを調節する

このコントロールが甘くなるとピントが調節できなくなる視力が悪くなる

キャッチボールは、近くと遠くを見るため、ピントの調節を自然に行う

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●緑のサングラスをかけて走ると視力が良くなる

毎日20分程度の有酸素運動を行うことで

脳の視覚野が大きくなることが分かっている

視覚野が大きくなることで頭もよくなり、かつ視力も良くなる

緑色は、網膜に効果的

 

眼評論家:林田康隆によると

●ペンのキャップを1日20回さすと視力が良くなる

スマホの普及で、手元を見る時代に

ピントが固まり、視線を動かさない機会が増えている

スマホ老眼は、全年齢を通して調節障害を起こしている

1、左手でキャップを持ち、肘を軽く曲げる

右手でペンを持ち、まっすぐ外に出す

2、顔を動かさずにペン先にピントを合わせ、目で追いながらゆっくり動かしてさす

これを1日20回行う (32)

スポンサード リンク