●脳科学評論家:澤口俊之」カテゴリーアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●インフルエンザのワクチンで認知症のリスクが低下する

インフルエンザのワクチンを年1回摂取している人は、

認知症リスクが17%も減ることが分かった

肺炎系のワクチンを接種すると認知症リスクが30~40%も減る

 

疲労評論家:梶本修身によると

●冷え性の改善には、チーズフォンデュがオススメ

鍋料理は体が温かくなるが、その時だけの一過性

冷え性体質を改善するには、筋肉から熱を出させる必要がある

それに向いているのが、チーズ

チーズには、鶏肉よりも分岐鎖アミノ酸(BCAA)が豊富に含まれている

チーズを食べると大量の熱が出て冷え性改善に効果的

(43)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●犬を褒めるとき、事後では遅い

人間と違い、成果を上げた後に褒めても

犬は記憶に残さない

 

●女性は男性の6倍の早さで動物をしつけられる

女性は報酬を与えるのが早く、

高い声で大げさに褒めるからだと考えられている

男性も大げさに褒める人の方が、人や動物の心を動かすのが上手

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●犬が言うことを聞いているかは、顔の角度で分かる

右耳を向ける→言葉を理解しようとしている

左耳を向ける→感情を理解しようとしている

 

犬が目を大きく開けた時、相手に信愛を表している状態

(48)

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●コロナ太り解消食は、お出汁

コロナ太りの原因は、幸せホルモン セロトニン不足

セロトニン不足を解決するのが、お出汁

カツオ出汁に含まれるイノシン酸や

昆布出汁に含まれるグルタミン酸の旨味成分は、

セロトニンと同様の効果がある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

アメリカの研究で

●両手をよく使う癖の人は、ダイエットに成功しやすいことが分かった

両手を使うと脳のバランスが良くなり、

負荷がかからず素直にダイエットできる

(37)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本人は、おにぎりを食べたほうが良い

外国人とは違い、日本人は海藻(海苔)を分解できる腸内細菌を持っている

漬物は、スーパーフードと言われている

インフルエンザウイルスの免疫を高める効果がある

 

節約評論家:和田由貴によると

●拾った物を売ってお小遣い稼ぎができる

例えば、

どんぐりの価格は、1個1円程度だが、

100個セットだと700~1000円くらい

状態が良い物を洗浄して、煮沸消毒して乾燥させる

子供の工作やリース作りに使う人がいる

まつぼっくりも、1個1円程度だが、

大きいので送料がかかるのがネック

まつぼっくりはキャンプや薪ストーブの着火剤代わりに使われる

(54)

心理評論家:植木理恵によると

●突然なくなったものは再開時 多くの人が押し寄せる

禁止効果という

ボストンは、大学が多かったり風紀が厳しかったり、

何か急に禁止されることが多い

するとボストンの周辺に爆発的に多くの人が押し寄せる

自粛の解除になれば店やイベントに多くの人が一気に集まる可能性が大きい

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●意識的に利き手じゃない手を使うと自制心が安定する

利き手ではない手を2週間使うと脳が鍛えられ自制心が安定する

(61)

スポンサード リンク