その他」カテゴリーアーカイブ

愛知魅力分析評論家:大竹敏之によると

●愛知県は元々、美人の宝庫だった

明治、大正までは中京美人、名古屋美人が一般的だった

東京の芸者の世界では、愛知出身が売りになっていた

 

ブスが多いと言われるようになったのは、

徳川家康が江戸に幕府を開いた際、

愛知の美人を連れて行った説が濃厚

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●愛知県の女性は、キスの初年齢がダントツで遅い

女性の初キス平均年齢

東京は16.3歳、愛知は19.1歳

(21)

スポンサード リンク

愛知魅力分析評論家:大竹敏之によると

●愛知に赤味噌(豆味噌)が無かったら三英傑は天下を取れなかった

愛知県の赤味噌文化は、天下取りのために非常に重要な役割を果たした

赤味噌は栄養価が高く日持ちするため兵糧として重宝された

なので三河武士は粘り強く戦えた

武田信玄なら信州味噌、伊達政宗なら仙台味噌

武将がいるところには、良い味噌がある

 

環境評論家:武田邦彦によると

●愛知県は日本の歴史で勝ち続けている

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を輩出

徳川が江戸に移り、廃れたころに

尾張徳川家 第7代当主 徳川宗春が、名古屋で独自の経済政策を行い、

吉宗の江戸を抜いて名古屋を大都市に発展させた

最後にはトヨタ自動車

(10)

生物学評論家:池田清彦によると

昔、科学は、霊やオカルトをインチキだと決めつけていた

最近は脳の研究が進み、インチキだと言えなくなってきた

脳にある角回を刺激すると神が見えたり、幽体離脱する

ことが実験で分かった

 

消費経済評論家:松田優幸によると

●自宅から遠隔でロボットを操作して釣りができる

生け簀の釣り竿ロボットと自宅の釣り竿を同期させ、

釣れた感覚もリアルに味わえる

(13)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●鬼滅の刃の影響で畳屋が好調

鬼滅の刃のフィギュアを置くための小さい畳を販売したところヒット

 

最新ライフスタイル評論家:くどうみやこによると

●鬼滅の刃は、学校の漢字のテストで影響を与えている

小学校5年生の漢字テスト

問題、犯人はむざんな最期を遂げた むざんを漢字で書きなさい

正解は、無残だが、生徒全員が書いた漢字が、無惨だった

悪のカリスマ 霧舞辻無惨のせい

(14)

経済評論家:門倉貴史によると

●紙幣や硬貨にも新型コロナウイルスが付着している

中国の銀行では使用済みのお金を

高温or紫外線で殺菌消毒ししばらく保管している

 

流通評論家:渡辺広明によると

●新型コロナの影響で割り箸や容器が減少する可能性がある

100円ショップに売っている安価な商品はほとんど中国製

その中には割り箸や容器、傘、洗濯ネットなどがある

中国製の製品は、3か月分の在庫があるように輸入する

したがって4月くらいから商品が無くなっていく

(14)

スポンサード リンク