その他」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●自分は方向音痴だと言えば言うほど治らない

 

日本とイギリスのタクシーには違いがある

 

イギリスのタクシーは、新人ドライバーでも

「道詳しいから任せて」という態度をとることがマナーとされている

 

日本のタクシーは、新人ドライバーの場合

「新人ドライバーなのであまり詳しくないです」と

断りを入れるのがマナーだが、

道を覚えるのが早いのは、イギリスのドライバー

●道に詳しいと見栄を張る方が道を覚える

宣言したからには、覚えなければと気概を持ち、道を覚えられる

(51)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●方向音痴の人は、脳に問題がある

海馬の近くにある嗅内皮質は、

空間情報処理とナビゲーションを行う部位

90度 右に曲がると嗅内皮質で方向を認識する

嗅内皮質の処理能力がない人が、曲がりを繰り返すと迷ってしまう

●緑茶を飲むと方向音痴が改善すると言われている

まだ解明はされていないが、

緑茶を飲むと海馬当たりの神経細胞が増えるという

鳩は頭に磁石があって方向を感知する能力がある

人間にも磁石があるとこが近年分かってきたが、

方向感覚に関わるか分からない

 

心理評論家:植木理恵によると

鉄道路線に興味を持った、地球儀が好き、天体が好きなど

●10歳までに方向感覚に関わるものが好きだった人は方向音痴になりにくい

女性でも幼少期に鉄道が好きだと方向音痴になりにくい

(102)

ジュエリー評論家:本間恵子によると

ティファニーのイメージと言えば、ダイヤモンドの婚約指輪

ダイヤを6本爪でセッティングしたシンプルなデザイン

考えたのは、創業者のチャールズ・ルイス・ティファニー

 

●ダイヤモンドリングの6本爪は、ティファニーが考案

 

それ以前は、ダイヤモンドが銀や銅の台座に埋め込まれ光が差し込まず

ダイヤモンドは黒い宝石だった

 

6本爪のデザインは、様々な角度から光が差し込む

(24)

世界中の女性から長年愛されるティファニー

リンカーンやケネディなど大統領夫人が愛用

●ティファニーの知られざる秘密

 

1、実は元々ジュエリーブランドではなかった

1837年、創業者のチャールズ・ルイス・ティファニーが、ニューヨークで創業

当初はジュエリーではなくアジアの珍しい文具や雑貨を扱っていた

世界に一つしかない個性的な作品を をモットーに

アメリカを代表とするブランドとして成長し、様々な国事の関連品を製作

例えば、アメリカの1ドル紙幣の合衆国印章をデザイン

さらにアメリカの名だたるスポーツ大会のトロフィーがティファニー製

 

2、伝説のイエローダイヤモンド

1877年、南アフリカのキンバリーダイヤモンド鉱山で発見された世界最大高品質のイエローダイヤモンド

この購入がきっかけでティファニーは、世界的な宝石商としての地位を確立

ジュエリー評論家:本間恵子によると

伝説のイエローダイヤモンドは、推定30億円以上と言われている

 

3、女性たちがときめくティファニーブルーの秘密

いくらお金を積まれてもこの箱をお売りすることはありませんが、ティファニーの品をお求め頂ければ無料で差し上げます

創業者チャールズ・ルイス・ティファニーの言葉

1800年代、結婚式の参列者に鳩のデザインのターコイズブローチを贈る習慣があった

創業者ティファニーが、ターコイズブルーに近いコマドリの卵の色を選んだと言われている

(46)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●ぽっちゃり女子と結婚するとヤセ女子の10倍幸せになる

 

メキシコ国立自治大学が、結婚10年以上の夫婦を調査

ぽっちゃり妻とスレンダー妻を比較したところ、

最低でも5つのメリットがあることが分かった

 

1、見た目にストイックになりすぎないので、性格がおおらか

2、ヤセている女性はアグレッシブなので、言い争いが起きるが、

ぽっちゃり妻とはケンカが起こりにくい

3、社交性が高い

4、夫のために色々尽くす

5、需要が多くないので、夫が浮気の心配をしなくて済む

(129)

スポンサード リンク