Category Archives: その他

生物学評論家:池田清彦によると

●人間は髪の毛の本数は減らない

髪の毛が少なく見えても薄い産毛が生えており、本数自体は変わらない

人間とゴリラの体毛の本数も、ほぼ変わらない

人間の体毛が薄く進化した理由は、まだはっきりと分かっていない

 

認知科学評論家:中野信子によると

人間が体毛を失った理由は、仮説がいくつかある

その中のひとつが、

●人間が体毛を失った理由は、社会性が高いから

社会性を保つために体毛が邪魔になる理由は、

コミュニケーションの阻害になるからと考えられている

皮膚感覚は、大切

スキンシップすることで親近感が高まる

体毛が多くあるとスキンシップ時の障害となる

犬と比べると猿の顔には体毛がない

それは顔の表情をよく理解するため

人間が体毛を失ったのは、皮膚感覚で多くの情報を得るため

 

●人間が体毛を失った理由は、脳を冷ますため

脳を冷やしにくいので、

体表で血液を冷やせるように体毛を失ったという説もある (10)

スポンサード リンク

サイエンスデイリーに掲載

●髪の毛一本で過去に住んでいた場所が分かる

 

髪の毛とは、尿や汗と同じように排せつ物

 

毛髪に含まれた成分を分析すれば、

直前に飲食したモノが分かる

 

毛髪の飲食物の成分を測定し、その長さによって、

過去に滞在していた地域を予測する

 

実際にアメリカのユタ州では警察の捜査に活用されている

身元不明の遺体を髪の毛から特定している (7)

ヒラギノフォントを作った鳥海によると

フォントは、全て手書き

ひらがな、カタカナは、一人で、漢字は分業で作る

 

●新聞の文字は少しずつ大きくなっている

昔の新聞は、1段が15文字詰め

現在の新聞は、1段が12文字詰め

新聞の購買者層が高齢化し、老眼対策で字を大きくした

 

ちなみに文庫本の文字も大きくなっている

ただページ数は増やせないので、

文字を大きくする代わりに文字間を狭くしている (9)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

自分の字に自信がない人は、78%もいる

そこで

●ロボットが文字を書いてくれるサービスがある

専用のソフトに文字を入力すると

人工知能を持つロボットが便箋に文字を書いてくれる

あまりにも字が上手すぎるので、

わざと下手に書く、同じ字でも微妙に変えるように改造

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●色々な道具を使うことで字が上手くなる

ペンを持つとペン先まで脳領域が反応する

色々な道具を使うことで字が上手くなりやすい

料理人が書く おしながきが上手いのは、

様々な調理道具を使いこなしているから (10)

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●液体を粉末にした粉末醤油

金沢の創業190年以上の直源醤油醸造が開発

サラダなど通常の醤油だと流れてしまうが、粉末だと絡みやすい

金沢は外国の観光客が多いため、ヨーロッパにも出荷している

スパイス感覚で持ち運びできる

 

若者文化評論家:原田曜平によると

●パウダー化現象は、世界的に進んでいる

マルコメがミランダ・カーと一緒に商品開発したみそパウダー

味噌が健康に良いと海外でも注目されているが、

ぐちょぐちょな味噌は海外の人は得意ではない

パウダー化で外国人に好評を得ている

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●コオロギを粉末にした粉末コオロギ

たこ焼きにかけると美味しいと言われている (7)

スポンサード リンク