夫婦・男女間について」カテゴリーアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

夫の何気ない一言にイラッとしている妻は9割もいる

中でも最も多いのが、夫の他人事系ワード

先のことを考えずに後処理は妻に任せきりになる夫が多い

●成功している夫婦は、アドバイスノートを付けている

それは妻のルールを逐一メモしたノート

 

それに近い「家事シェアアプリ」がある

例えば、玄関で靴を揃える、朝食で牛乳を入れるなどタスクとして書き出し、

ちゃんとやれたら妻から夫にご褒美ポイントを上げ、

ポイントがたまるとご褒美がもらえる流れ

(62)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

脳的に男性よりも女性の方が出来事を覚えている

その記憶は、ネガティブな感情と結びついている

昔の出来事を思い出すとネガティブな感情を先に思い出してしまう

●女性は過去のネガティブ感情を思い出しやすい

 

●ヒドイことしても許される夫は、妻をコントロールしている

その方法は、変則的な報酬を与える

褒める、優しくする、逆に素っ気なくする、

語りかけないなど変則的に出すと許されるに夫になる

 

法律評論家:堀井亜生によると

●夫が身勝手なほど妻は離婚したがらない

気分屋で波がある夫の方が、追いかけている感じがして許してしまいやすい

(78)

認知科学評論家:中野信子によると

人間の脳は、自分の領域と社会の領域の二重構造でできている

家庭内は妻の領域のため世間のルールは通用しない

 

●「どっちが良いと思う?」の正解は「どっちも素敵、君はどっちが良い?」

答えが決まっているのに質問してくるのは、

迷っている気持ちに寄り添ってほしい意思表示

●女の迷いに寄り添える男性は、モテる

 

妻が起こっている時は、一緒にいてはダメ

●妻にとって夫を怒ることはエンタメ

中毒っぽくなっており怒れば怒るほど楽しくなり、

夫が謝ると余計に楽しくなるため、一緒にいない方が良い

(89)

認知科学評論家:中野信子によると

●婚約指輪の値段が高いほど離婚率が上がる

 

アメリカのエモリー大学が3000人以上を調査

高い婚約指輪を買った夫婦は、離婚率が1.3倍

さらに結婚式の費用が高い夫婦は、離婚率が1.6倍

 

プロポーズはイベント

イベントに力を注ぐ人か、日常生活に力を注ぐ人か

イベントよりも日常生活を大事にする人の方が離婚しにくい

(132)

心理評論家:植木理恵によると

気になる女性が悲しんでいたら声をかける?

●「僕だけは分かるよ」と女性に寄り添うのは意味がない

ピッツバーグ大学の女子大生800人を調査

あなただけにしか言うわないという秘密を800人中400人は他人に言う

400人の女性は1人あたり平均42人の男性に秘密を伝えて満足していた

独占的接近欲という

この人だけには自分の気持ちを分かってもらいたいと思える人を

1人ではなく4、5人キープする気持ちが強い

 

気になる女性が悲しんでいたら、しばらく考える時間を与え、

相手から話して来たら聞いてあげるのが正解

すぐに相談するのは若い女性に多く、

本当に自立している女性は悩み事を隠す傾向にある

 

LINEの返信を焦らして効果が出るのは、

頻繁に連絡を取ってからパタッとなくなることが大事

焦らす前に頻繁にやり取りをする必要がある

 

手書きの手紙は、内容が記憶に残るが、

デジタルな字は、文章の長さが記憶に残ることが分かった

相手に本音、想いを伝える時にデジタルな字(LINE)で送っても意味がない

デジタルな字でも相手の記憶に残すには、いつも同じ長さの文章を送ってくる人よりも、長かったり短かったりまちまちな人の方が印象に残りやすい

(92)

スポンサード リンク