Category Archives: 未分類

疲労評論家:梶本修身によると

近視や乱視を矯正する際は、大体 メガネかコンタクトだった

イスラエルでナノドロップスという目薬が販売された

●近視や乱視が治る目薬が開発された

光の屈折率を変えるナノ粒子を含んでいる

点眼すると角膜にナノ粒子が入り、

屈折率を変えて近視や遠視を矯正する

目の悪さにより、屈折率を変化させて矯正することができる

50㎝のあたりが見づらい人が点眼すると1m先まで見えるようになる

この目薬が進化するとメガネや

コンタクトレンズがいらない時代が来るかもしれない

 

●暗闇の中、50m先まで見えるようになる目薬が開発された

中にクロリンe6という深海魚の目から抽出した物質が含まれている

クロリンe6は、光の感受性を高める働きがあり、

点眼すると暗闇でも見ることが可能となる (9)

スポンサード リンク

●5世代が一緒に暮らせる4世帯住宅が登場

リクシルが発表した5世代4世帯住宅

それは子供、孫、ひ孫、玄孫が一堂に暮らせる家

この住宅は、健康寿命を延ばすために

階段を上がって寝室に行く仕組みになっている

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

2017年12月、長野県で

●ドライブスルー式の葬儀場が登場した

約3分間で葬儀の参列が終わる

ドライブスルーの窓口で参列者は端末に記入後、

香典を渡し、お焼香をし、帰っていく

喪主はモニターで来訪を確認する

 

参列者も高齢化で降車が難しいから

車で参列できるから良いという声もある (18)

生物学評論家:池田清彦によると

●認知症の人に尊敬の態度で接すると症状が軽くなる

昭和50年、琉球大学が沖縄県佐敷村(現・南城市)の65歳以上の高齢者を調査

すると認知症の人が約4%いたが、周辺症状が出ている人は一人もいなかった

 

同時期に東京で調査したところ、

周辺症状が出ている患者が5割、夜間せん妄が出る患者が2割もいた

 

その違いを分析すると、当時の沖縄ではじいさん、ばあさんをとても尊敬していた

 

認知症の人でも尊敬されていれば心が穏やかになり症状が減り、介護も楽になる (53)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●血液型によってハゲ方に違いがある

 

あくまで統計的に

A型は、前からハゲが進行し、襟足サイドの毛が残る

 

B型は、まだらにハゲる

 

AB型は、一部の研究でハゲにくいと言われている

 

O型は、最終的にツルンとハゲる (143)

生物学評論家:池田清彦によると

●夫の方が賢い夫婦は、離婚の危険性が高い

アメリカのウィスコンシン大学の研究

夫の方が賢い夫婦は、賢さが同じくらいの夫婦に比べて、

離婚率が3倍高いことが分かった

学歴や知能指数に差があると意見が合わない

暮らしうちに嫌になり、離婚率が増加する

 

妻の方が学歴が高い夫婦の場合、

夫は覚悟を持って結婚するので離婚率が少ない (236)

スポンサード リンク