男性・父親について」カテゴリーアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

●50代の自律神経機能は、若い時の1/3しかない

集中力が若い時の1/3しか持たない

 

注意力の改善方法がある

●ゲームを数日に分けて合計10時間やると注意力が最大7歳若返る

アメリカのアイオワ大学の実験

50代以上の681人を集め、

ドライビングゲームをさせ、注意、認知、判断力を調査

認知能力は3歳、情報処理能力と注意力は最大7歳若返った

 

普段使っている人は衰えていないが、

50歳を超えると使っていない能力は徐々に衰退していく

 

仕事を辞め、趣味が少ない人は認知症予防にもゲームは良い

瞬時の判断力を問うゲームの方が効果が高い

(98)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●今40~50代の男性一人暮らしの孤独死が増加中

 

自治体は一人暮らしのシニア世代のサポートを強化しているが、

40~50代男性は、見逃される恐れがある

 

孤独死した人の割合は、

40代:約1割、50代:2割弱で、3割を占めている

しかも男性の孤独死は、女性の5倍多い

それだけ横のつながりがない、あったとしても薄い

(95)

生物学評論家:池田清彦によると

女の子は思春期でガラッと変わる

●思春期を過ぎて父親を嫌いになるのは、フェロモンのせい

思春期になると女の子は遺伝的に遠い人を好むようになる

その違いが、フェロモン

遺伝的に近い父親のフェロモンを嫌う

フェロモンは鼻から嗅ぐが、脳に直接作用する無臭の化学物質

なんとなく居心地が良いと感じる人は、フェロモンが合っている可能性がある

 

認知科学評論家:中野信子によると

フェロモンの実権には続きがある

●ピルを飲んでいると父親のフェロモンが気にならない

自分が今 妊娠状態にないと体が認識すると父親のフェロモンが嫌にならない

(90)

認知科学評論家:中野信子によると

●人の不幸は蜜の味は、女性より男性の方が好む

 

相手が失敗するシナリオを読ませる実験を行ったところ、

男性の方が喜びを司る脳が活性化した

 

男性が友人の失恋話を聞いてあげるのは、

少し喜びがないと聞けない

 

この喜びは、自分と近しい人が失敗したときに

喜びの感情が最も高まる傾向にある

(125)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●イケメンはキャリアアップに不利

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの調査

870人のほぼ同じ学歴、スキルで設定し、

顔写真だけ差をつけて採用面接を行った

 

実際に採用された後を見ると、

明らかにイケメンの方が面接段階で低く評価されていた

 

面接官が男性が多かったためではないかと考えられている

 

生物学評論家:池田清彦によると

●イケメンは遺伝しない

顔の輪郭、背の高さ、IQなどは遺伝するが、

各パーツの細部までは遺伝しない

イケメンは微妙な差異で決まるため、

似ているは遺伝するが、イケメンは遺伝しない

(100)

スポンサード リンク