美容・ダイエットについて」カテゴリーアーカイブ

美容栄養学評論家:池上淳子によると

●野菜ジュースやスムージーだけの朝食を食べていると肌荒れになる

噛むことで唾液や消化液の分泌が促され、

消化吸収がしっかりされるようになる

飲むだけだと内臓も冷えてしまう

ミキサーで食物を砕くスムージーは、介護職や離乳食

噛むことで、こめかみが動き脳が活性化し、

満福中枢を刺激し、満腹感が得られる

 

●朝食にタンパク質を摂ると肥満の予防になる

アメリカのミズーリ大学の研究

朝食を食べない、食べる、高タンパク質を食べるグループに分けて

実験した結果、

高タンパク質を食べるグループが、

食欲抑制ホルモンが日中にしっかり分泌されることが分かった

食欲抑制ホルモンの分泌により、間食がなくなり肥満予防につながる

(23)

スポンサード リンク

地域ブランド米評論家:西島豊造によると

玄米の方が美容効果が高いが、白米でも同じ効果が期待できる

玄米食べることが悪くないが、

●365日 玄米を食べると体に負担がかかる

 

疲労評論家:梶本修身によると

●幼少期にお米をたくさん食べると将来太りにくくなる

幼少期にお米のタンパク質で育ったマウスと動物性のタンパク質で育ったマウスに、

大人になってから高脂肪食を与えたところ、

お米のタンパク質で育ったマウスが体重増加を抑えられた

かつコレステロール値、血糖値の値も抑えられて、健康だったことが分かった

幼少期にお米を食べた方が、健康に育つ可能性が高い

(30)

お米栄養評論家:伊達友美によると

●ごはんの糖質は太りにくい

米は炭水化物のイメージが強いが、タンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれている

栄養バランスは悪くなく、主食として食べると満足感が高い

 

疲労評論家:梶本修身によると

●お米より麵の方が太りやすい

炊く前の米の78%占めているのが、炭水化物 いわゆる糖質

しかし米を炊くと水分が60%くらい含まれるので結果的に35%くらいが炭水化物になる

茶碗1杯220~240キロカロリー

うどん1玉、スパゲッティ1食分だと240~350キロカロリーは最低あるので

実質1人前食べるなら、ごはんの方が3割ほどカロリーが減る

(19)

抗加齢医学評論家:中村光伸によると

●1日100回 膝を叩くと痩せホルモンが増加する

1,90度、90度、90度で姿勢よく座る

2,膝の硬い部分を上から叩く

膝を叩くと新しい骨を作ろうとする刺激になる

そこからオステオカルシンというホルモンが分泌され、

オステオカルシンが痩せホルモンのGLP-1や脂肪燃焼させるアデポネクチンに作用する

痛くならない程度に、実験では最低100回

 

腸活評論家:桐村里沙によると

●痩せホルモンを増やすなら脂の乗った青魚がオススメ

青魚に含まれるDHAやEPAを摂取することで痩せホルモンのGLP-1が出やすくなる

 

生物学評論家:池田清彦によると

幼少期に太ると脂肪細胞の数が増える

幼少期にあまり子供を太らせないことも親として大事

●幼少期に太ると脂肪細胞が増え、太りやすい身体に

幼少期に決まる脂肪細胞の量で

将来的な体重の増加を制限できる可能性がある

(38)

生物学評論家:池田清彦によると

●睡眠時間が短いと起床後、甘いものが食べたくなる

4時間睡眠と10時間睡眠を比べると4時間睡眠の方が起きた後、

甘いものが食べたくなることが分かった

 

疲労評論家:梶本修身によると

●4時間睡眠が2日間続くとデブホルモンが28%増加する

さらに痩せホルモンが18%減る

それにより食べる量が1日あたり350~500kcal増える

 

アメリカの研究では、

●子供は、1日1時間多く寝るだけで肥満率が9%減る

 

●重い毛布を掛けて寝ると痩せホルモン増加につながる

体重の2.4%(50kgの人なら1.2kg)の布団を使った場合と

体重の12.4%(50kgの人なら6.2kg)の布団を使った場合を比べると

重い布団を使った人の方がメラトニンの分泌量が32%高かった

重い布団の方が体が包まれている安心感が生まれるからではないかと考えられている

(28)

スポンサード リンク