Category Archives: 美容・ダイエットについて

美容皮膚評論家:飛田砂織によると

●女性の老け顔は、女性ホルモンの減少による骨密度の低下が関わっている

女性は50歳前後から更年期に入り、女性ホルモンが減少する

それに伴い、骨密度も低下し、骨折しやすくなるのだが、

骨密度の低下が老け顔にも関係している

 

アメリカの研究で腰骨は60代で骨密度が低下するが、

頭蓋骨は40代から骨密度が低下することが分かった

●顔の骨は、40代から骨密度が低下する

骨密度が低下すると骨が縮んで小さくなる

顔の骨が縮むと、皮膚がたるむ

1、こめかみがへこむ

2、アイホールが大きくなる

3、頬骨が低くなる

4、アゴが小さくなる

●太っている人の方が、骨密度が低下しにくい

 

●骨密度の低下を防ぐかかと落とし体操

骨形成の要素を持つオステオカルシンは、骨に衝撃を与えると分泌される

1、肩幅に両足を開く

2、かかとを上げて、ストンとおろすだけ

1日30回以上が理想

オステオカルシンが約1.5倍になった報告もある

また肥大した脂肪細胞が小さくなる働きもある (9)

スポンサード リンク

美容整形評論家:小野准平によると

美容整形で一番聞かれるのが、「どこを直したらキレイになれますか?」

そんな時、自分で簡単に分かるチェック法がある

●手で顔の一部を隠すとどこを整形したらいいか分かる

目や口を隠して見た顔がキレイかどうかで整形したほうがいい部分が分かる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●美人は男性にストレスを与える

男性は美人と一緒にいるとストレスホルモンが上昇する

 

印象評論家:重太みゆきによると

●「シー」のポーズで美人かどうかわかる

美人の条件の一つで、鼻先とアゴ先の横から見たラインをEラインという

鼻先とアゴ先を結んだラインに唇がギリギリ触れるのが良いとされる

●唇がEラインを超える女性は、笑うと美人になる

●歯がEラインを超える女性は、上目遣いで美人に (15)

髪の毛、まつ毛に次いで、女性の美容に欠かせないネイル

 

●近い将来 ネイリストがいなくなる

 

ネイルをしてくれるのが、ネイリストだったが、

ネイルプリンターに変わりつつある

 

自分の爪に描いてほしい柄の画像を提示し、プリンターに入力

下地を塗り、プリンターの中に爪を入れると、

機械が読み取って自動でペイントしてくれる

 

柄だけでなく写真も爪にプリントできる (21)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●美容室の客が訴えるマガジンハラスメント

 

美容室に訪れる30代後半以上の女性は、

マイナス10歳に見られたいもの

 

美容室で、20代に見られたい女性客に、

婦人公論や婦人画報を持ってこられると傷つくハラスメント

 

キレイになるために行っているのに、

なぜそんなことすら分からないの?と

 

それだけでその美容室に行かなくなる客もいるほど (15)

体幹バランス評論家:木場克己によると

●下を見ながら歩く癖がある人は、太りやすい

 

体幹が弱い=姿勢が悪い

インナーマッスルが弱い人は、姿勢が悪くなりやすい

きちんとした姿勢が作れず、筋肉がたるみ、太りやすくなる

 

●体幹が弱く姿勢が歪んでいないか?をチェックする方法

気をつけの姿勢で

手のひらが前に来る人は体幹が弱く、

手のひらが真横に来る人は、体幹が強い (9)

スポンサード リンク