Category Archives: 美容・ダイエットについて

美肌評論家:森智恵子によると

●2019年6月から美容医療のビフォーアフター写真が禁止に

 

顔の血行を良くすることが大事

●前傾姿勢が多いと皮膚がたるんでくる

前傾姿勢が多いと二重あごになり、たるみの原因になる

さらに首に約13キロの負荷がかかり、脊髄もゆがむと言われている

 

●姿勢を良くすだけでも、たるみ予防になる

森が使用しているのが「猫背サポーターバンド」

膝で腰を支えることで良い姿勢が保たれ、血行も良好になる (0)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

なぜ人間の肌は、ある程度の色素を持っているのか?

それは紫外線を吸収するため

 

なぜ人間は、肌からβエンドルフィン(快感物質)が出るのか?

●肌は紫外線を受けると快感物質が出る

紫外線を浴びると肌に痛みが出るが、

快感物質を出すことで傷みを緩和している

 

体内でビタミンDなどの合成、作成するために

紫外線を浴びる必要性がある

 

●良い香り(バラの香り)を嗅いで相手を見るとシワが強調され、より老けて見えてしまう (0)

経済評論家:門倉貴史によると

●男性の見た目年齢は、薄毛よりも肌を見る傾向がある

男性の化粧品メーカーの調査

40代男性の見た目年齢の決め手は?の結果が、

1位:肌(4割)、2位:体型、3位:髪の量

 

印象評論家:重太みゆきによると

●夏はツヤ肌がモテ、冬はフォギー肌がモテる

フォギー(foggy)→霧がかかった・ぼんやりした

冬は、フォギー肌の頬に濃いチークを入れると、

血色がよく見え、温かい印象に見える

冬は街や服装の色合いが暗いため濃いチークが効果的 (0)

色彩心理評論家:飯田暢子によると

●白い肌は、着る洋服の目の錯覚で作り出せる

 

薄いピンクは、白がくすむが、

濃いピンクは、白がより強調される

 

●自分の肌のトーンよりも濃いトーンの服を着ると肌は白く見える

 

黒の洋服も肌を白く見える効果はあるが、

重量感があるため沈んだ印象になる

 

濃い暖色系の洋服を着ることで、より肌が白く見え、魅力的に見える (0)

印象評論家:重太みゆきによると

●シャワーで洗顔すると肌の印象が低下する

 

シャワーの刺激は、肌に良くない

シャワーより溜めたお湯で洗顔した方が、

肌への刺激が少なく肌印象がアップする

 

美肌評論家:森智恵子によると

肌の触りすぎ、洗いすぎが、シミ、色素沈着の原因になる (0)

スポンサード リンク