Category Archives: 行動・心理について

心理評論家:植木理恵によると

●悩みを色々な人に相談する人は、自分を褒めて欲しいナルシスト

 

ナルシシズムとは、周囲を巻き込んで

自分の良さを人に認めさせようとする心理傾向

 

悩みを言うという事は、自信があるから言える

●悩みを色々な人に言えるのは、自信がある証拠

私事に当然 他人が関心があると思っているから悩みが言える

大人になると他人は自分にそんなに関心がないことを知るが、

ナルシストは、年を重ねても世界が自分に関心があると思う (9)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

ハーバード大学の調査

●お魚をよく食べる夫婦は、子供ができやすい

 

週2回以上 魚を食べた夫婦が、

1年以内に妊娠したのが92%だった

 

心理評論家:植木理恵によると

女性が男性と話すときの約5割は、

本心とは反対のことを言う傾向がある (11)

心理評論家:植木理恵によると

●眉毛がよく動く人は、率直にモノを言う人が多い

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●夫が料理を手伝うと夫婦円満になる

 

夫が料理を手伝うと

夜の生活の満足度も上がり、夫婦円満になる

 

昔の研究では、家事や料理を手伝う男性は男らしさが減り、

夫婦の満足度が減るのがもっぱらだった (15)

心理評論家:植木理恵によると

●聞こえていないはずの音が、人の心を励ます

ことは実験で実証されている

 

アメリカで野球チームを作り、観客が一人もいないところで

野球の試合をする実験が行われた

AチームとBチームに分かれて、何度も試合をしてもらった

「この試合をモニターで1000人の観客が応援しています」

とBチームには伝えずにAチームだけに嘘の情報を与える

 

するとAチームの方が、7割~9割も勝利した

 

●応援しているという情報だけで力が発揮されやすくなる

知識の脳領域と音を聞く脳領域が近似しており、その部分が活性化していた

 

運動会の応援に行けなくても親から子供に、

応援しているよと伝えることで力になる (74)

国立精神・神経医療研究センターの研究

●川のせせらぎなど自然の音を聞きながら生活すると寿命が最大17%も延びる

自然の音とは、水の音

これは日本が世界で最初に行った人間ではなくマウスの実験の結果

32匹のマウスを3つの条件に分けた

1つ目は実験室の環境音、

2つ目は熱帯雨林の風、水、鳥など自然の環境音、

3つ目は自然環境音から2万ヘルツ以上の音をカット

1つ目と比べて、2つ目は7%、3つ目は17%も寿命が延びた

マウスは、2万ヘルツ以上の音でコミュニケーションをとっている

2万ヘルツより下の方の音は、

あまり聞こえていないはずなのに、寿命が延びた

人間は2万ヘルツ以上の音が聞こえない

その聞こえない音が健康には重要と考えられている

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●マウスに2メガヘルツの音を聞かせると認知症になる確率が上がる

音ではなく振動と考えられている

認知症の実験は、マウスで成功しても人間に応用するのは難しい (115)

スポンサード リンク