Category Archives: 行動・心理について

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●約7~8割の人が学校、会社をサボったことがある

 

さらにサボった際に罪悪感を感じたことがあるか?の回答に男女差が表れた

サボった時に罪悪感を感じないと答えた男性は84%、女性は59%だった

●サボって罪悪感を感じないのは、圧倒的に男性が多い

罪悪感を感じない人は、ストレスフリーだが、

パートナーとしては最悪

 

法律評論家:堀井亜生によると

●サボって楽することに罪悪感を感じない人は、道徳観念がない (8)

スポンサード リンク

経済評論家:門倉貴史によると

●人は、Hなことに関して予知能力が高まる

 

アメリカ コーネル大学の実験

2つスクリーンを用意し、カーテンで隠す

Hな映像と普通の映像を映し、

どちらにHな映像が流れているかと予知する実験

 

その成果率は、53.1%と3.1%予知能力が高まっていた (4)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●人は顔を見ただけで どういう人か判断できる

人は顔を見ただけで貧乏か、お金持ちか、

また信頼度や頭の良さ、犯罪者かどうかも直感的に分かる

顔を見てどういう人か判断する実験で詐欺師を会わせた

「この人をどの程度信用できますか?」と問う

顔しか見ていない状態だと、何か信用できなさそうと感じたが、

「実はこの人社長なんです」と肩書きを教えると信用してしまった

●直感で不審だと思っても肩書きを見ると信用してしまう

 

経済評論家:門倉貴史によると

●OLの約半数は肩書きに弱い

肩書きに弱い人は、詐欺被害に遭いやすい

また結婚詐欺師は経営者や社長など肩書きをアピールしてくるケースが多い (23)

心理評論家:植木理恵によると

●AI化が進むと精神疾患率が増える

1950年代、人間はどれくらい怠け者なのか?について

様々な実験が繰り返された

 

食事とトイレ以外は何もしないストレスフリーな環境で過ごすと、

人間はどれだけ幸せなのかを実験

すると

●ストレスフリーになると人間は幻覚を見るようになる

ストレスフリーな環境で過ごすと、

電話帳をむさぼるように読んだり、

関心のないラジオを一生懸命聴いたり、何でもよいから刺激を欲する

何かしたい欲求が出てくる

人間は少し不便な状態の方が精神的にはベスト

AIに用意されるものではなく

自分で苦労して何かしてみたいが人間の本心であり、

それを抑えていると精神疾患になってしまう (64)

心理評論家:植木理恵によると

●暑いと人は「暑い」と「頭にくる」の区別がつかない

 

アメリカでは夏に犯罪やもめごとが多い

調査すると28.4℃以上になると

不要な口論が増加することが分かった

 

「暑い」イライラと「頭にくる」イライラの区別がつかない

 

同時に「寒い」と「不安」も区別がつかない (115)

スポンサード リンク