Category Archives: 行動・心理について

認知科学評論家:中野信子によると

意見が食い違ったとき、

不満を顔に出してあらわにする男性は、嘘が下手で素直な人

嘘が下手な人の方が、信頼関係を築け、付き合っても長続きしやすい

嘘が上手い男性は、八方美人で浮気するなどリスクが大きい

 

経済的に安定しない男は、女性が良いと言った服を選ぶ

女性が良いと言った服を選ぶ男性は、自己肯定感がない

 

自己主張できる人は、自己愛、自己肯定感が高い

自己肯定感が安定している人は、収入が高くなりやすい

周りの人との関係を上手に作ることができる (75)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

●男性の過保護な優しさは女性をダメ女にする

男性が女性の失敗を何でもフォローしてしまうと

この人は何をやっても許してくれるだろうと、

女性は男性に甘え、依存し、

何もできなくなりダメ女になってしまう

 

離婚の相談に来る女性に、

戸籍や住民票を取ってきてください、と言っても

どこにあるんですか?どうやってやるんですか?と聞いてくる人がいる

そんな女性の夫は、マメで手続き関係は全て夫がやっている

 

店員が焼き鳥の塩とタレを間違えて持ってきたとき、

女性にどうする?と意見を求める男性に、女性は退屈を感じる

●自分の意見だけで物事が進むと女性は退屈を感じる (68)

心理評論家:植木理恵によると

●夫婦喧嘩をキチンと着地させないと子供の教育に良くない

夫婦喧嘩を始めて、うやむやな結果のまま、

次の日ケロッとしている夫婦の子供は、話し合いや喧嘩を学べない

コミュニケーションを着地させるために、

気まぐれな言葉の言い合いではなく

考えの交換をすることを子供に見せるべき

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ハスキーボイスの女性は、浮気をしない傾向がある

高い声の女性は、魅力性が高く見られ、男性から口説かれやすい (134)

色彩心理評論家:飯田暢子によると

春といえばお花見

●桜のような薄いピンクは、女性の警戒心を鈍くする

人は薄いピンク色を見ると、

筋肉の緊張を測るライト・トーナス値が、

極端に低くなり、筋肉が緩む

お花見では心の警戒心も緩み、

置き引きや軽い言葉に注意したほうが良い

 

●PTAの役員になりたくなければ明るい色の洋服は避けた方が良い

明るい色の服を着ていると名指しされやすい

オレンジ色の服を着ると貢献感が強く見え、

お願いされやすくなる (119)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●遊園地は初デートに適している

ミクスドフィーリングという

色んな感情がまじりあう場所は、男女を結び付けやすい

●創意工夫が溢れる場所は、家族の絆を強くする

 

右回りは、脳に負荷がかかりスリルを感じやすい

左回りは、視野が広く安心する

 

心理評論家:植木理恵によると

シンデレラ城のような尖った建物が、町の中央にあると心が安定しやすくなる

 

子供の楽しみ方と大人の楽しみ方は全く違う

子供は別世界を本当の世界だと楽しみ、

大人は別世界を現実とは違うと分かっているから楽しい

 

小学校4~5年生くらいから抽象度の高いことを楽しみだす (123)

スポンサード リンク