生物学評論家:池田清彦によると

●アラフィフ女性が涙もろくなるのは、女性ホルモンが減るから

女性ホルモンのひとつエストロゲンは、

幸せホルモン セロトニンをコントロールしている

女性ホルモン エストロゲンが減少すると

セロトニンが不足し、情緒が不安定になってしまう

 

女性が更年期に入るとエストロゲンが減少するだけでなく、

上がったり下がったり起伏が激しくなる

エストロゲンが少ないと脳が指令し、

卵巣がエストロゲンを出そうと頑張るため、

振れ幅が大きくなり情緒が不安定になる

40~50の頭くらいまでは不安定

(16)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

犬派と猫派のSNSのつぶやきを解析したところ

犬好きな人のつぶやきは、興奮、怒り、序列

観ているドラマや映画は、医療やリアリティー

 

猫好きな人のつぶやきは、喜怒哀楽が豊か

観ているドラマや映画は、冒険やファンタジー

●猫好きの好きな映画は、冒険やファンタジー

(23)

認知科学評論家:中野信子によると

猫や犬と人間の関係を調べた実験がある

犬と見つめあうと人間はオキシトシンが分泌される

犬とつながりあっていて心地よい気持ちになる

しかし猫ではその効果が見られない

 

絆とは、ヒエラルキー(組織)

組織性を重要視する人は、犬が好き

 

猫は気ままに振舞うことで刺激を脳に与える

刺激が好きな人が、猫好きになりやすい

●犬好きは組織を重要視、猫好きは刺激が好き

犬好きな人は、自分が思っていることは相手も思っているに違いないと思いがち

(17)

認知科学評論家:中野信子によると

猫は、塩対応したり甘えてきたり、ギャップがある

いつどうなるか読めない

猫の読めない行動を見るとドーパミンが出やすい

●ドーパミンがたくさん必要とする人は、猫にハマりやすい

 

ドーパミンがたくさん必要な人の特徴が、一人で満足できないタイプ

なので

●猫好きは結婚に向かず、浮気をしやすい

(22)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●猫を飼っている女性は、結婚しづらい

3000人以上の男女に調査した結果

犬好きと猫好きの既婚の割合は、

20代、30代の犬好きの既婚率は、約50%

20代、30代の猫好きの既婚率は、約25%

猫好きの女性の特徴が、猫が恋人+インドア傾向

飼い猫に費やす時間、2時間以上が約20%、5時間以上が約6%もいた

 

●猫好き女性は結婚できない、猫好き男性はモテない

マッチングアプリで猫と一緒の写真を載せている男性はモテない

猫を可愛がる仕草が、男性らしくないイメージを与えやすいから

 

●海外では猫と結婚する男性が現れた

ドイツに住んでいる男性で、リゾート地で出会った猫に一目惚れ

連れ帰り、ドイツで結婚式を挙げた

Marry You Pet.com

猫や犬と結婚すると証明書を発行していくれるサービスがある

(28)

スポンサード リンク