法律評論家:堀井亜生によると

浮気する人は、総じてコンプレックスがある人

求められることがコンプレックスに合致して

ついつい嬉しくなり浮気に走ってしまう

容姿に関係なく返信が早い人の方が、浮気する確率が高い

 

心理評論家:植木理恵によると

発話量と行動量は比例する

やることを口に出して宣言すると行動に移しやすくなる

口に出して安全確認すると色々なところに

気が配れるようになると分かっている (0)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●すごくルーズとマメの落差の激しい人ほど出世する

 

ずっとマメな人は、ここという時にエネルギーを出せなかったり、

ずっとルーズな人は、社会的に上手くいかない

 

社会的に成功、信頼されている人は、

マメなところとルーズなところの落差が大きい傾向がある

 

人生で何が大事かを分かっている人は、基本ルーズで部分的にマメ

 

マメな人、ルーズな人が良いのではなく、緩急がある人が良い (0)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●相手への思いやりがある人ほど、メールの返信が遅くなっている

メールが来て、返信を1日以上待てる人は、4人に1人

返信が遅い人の割合は、どんどん増えている

メールの返信内容が正しく伝わるか不安でが、

返信が遅れる理由で最も多い

 

現代の若者は、恋愛の駆け引きで、

あえて既読スルーする作戦が主流に

焦らされることで余計気になり、

好きと勘違いしてしまう効果がある (0)

生物学評論家:池田清彦によると

●第一子の方が、近視になる確率が高い

第一子と親の教育熱の高さが関係している可能性が考えられる

 

眼評論家:林康隆によると

●現代の若者は、まばたきの回数が減り不完全になっている

まばたきには、目の表面に酸素や栄養を与える大事な役割がある

さらに表面を涙液でならし、モノを見やすいようにする役割もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●茶色い目の人は、信頼されやすいという事が分かっている

黒や茶色い目は、信頼されやすい

青や薄い黒や薄茶色の目は、信頼されない (9)

心理評論家:植木理恵によると

●気持ちが沈んでいると、実際に見える視界の色も暗く見える

 

気持ちが沈んでいるグループと気持ちが明るいグループでは、

捉える色彩の色が違うことが分かっている

 

気持ちが明るいときは、赤、橙、黄色を認識しやすい

目の前がパッと明るくなった、という表現は、当たっている

気持ちが暗いときは、グレー、ブルー系を認識しやすい

 

生理学者は、ドーパミンの量が影響していて、

多い少ないで見える色が変わってくると考えている

心理学的には、防衛本能と言われている (7)

スポンサード リンク