●男性から重いと思われずに女性関係を聞き出すテクニック

 

法律評論家:堀井亜生によると、聞くタイミングが大事

●男が油断している頃に話をすると本当のことを話す

何かしているときに聞くと疑われていると思われるので

相手は忘れたタイミングで「この前のアレって何だった?」と聞くと

油断しているので答えづらい

●時系列で話を聞かない

時系列で根掘り葉掘り聞くと、相手は嘘をつこうとする

時系列を崩して聞くとつじつまが合わず、嘘がつけなくなる

 

心理評論家:植木理恵によると

一方的に聞くと腹が立つので返報性の法則を利用する

自分の情報を多く出すと相手も同じ情報量を返してくなるもの (23)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

●結婚を望む女性に対して「今は結婚できない」は言ってはいけない

彼女から「私たちは、いつ結婚できるの?」と聞かれた彼氏は、

したくない、できないと全否定したくないから「今は結婚できない」と言いがち

 

「今は結婚できない」、男性は断っているつもりでも、

女性は今できなくても将来できることだから、これは婚約だと勘違いする

 

「就職したら」など明確な条件付きの場合は、結婚の意思はあるが、

「今は」「一人前になったら」など抽象的な言い訳の場合は、結婚の意思はない

 

女性側が勘違いしたまま交際し、別れる際、婚約破棄で訴えてくる (17)

心理評論家:植木理恵によると

オーガニックにこだわる母親や手作りにこだわる母親から

6歳までに「○○は食べちゃダメ」と育てられた子は、

小学校低学年までに いじめの標的になる可能性が40%もあることが分かった

●「○○は食べちゃダメ」と育てられた子は、いじめられやすい

 

6歳までの食卓での教育が、性格形成に大きく影響している

「○○は食べちゃダメ」と育てられた子は、

「ママこれ食べていい?」が癖になり、他人の顔色を伺うことを覚える

子供同士の場合、顔色を伺う子は、優しい子と見られなく、

おどおどした子と見られ、いじめの標的になってしまう

 

●行き過ぎた食育をする家庭の子は、いじめの標的になりやすい

アレルギーがない場合は、何でも食べなさいと育てると

意見、主張をしっかり言う性格になる (41)

犯罪・捜査評論家:田野重徳によると

よく刑事ドラマでは立てこもり犯に

「お前は完全に包囲されている」と言われるが、

●実際の人質立てこもり犯に「お前は完全に包囲されている」は言ってはいけない

警察に包囲されていることは犯人も承知している

言葉で追い詰めることで心理的にも逃げ場が無くなり

自暴自棄な行動をとることがある

自分で投降する道がベストと諭すように説得していく

 

●犯人の説得の仕方

1、犯人に下の名前で呼びかける

2、話すネタが無くなったら自分の趣味の話をする

3、自分の身内の話をする

 

よく刑事ドラマで「不審者見ませんでしたか?」と言って聞き込みをするが、

●実際は聞き込みで「不審者見ませんでしたか?」と言ってはいけない

不審者と思うかどうかは人によって違う

不審者と聞くと情報が偏り犯人になかなかたどり着かない (8)

心理評論家:植木理恵によると

●心配をかけない親の寿命は短くなる

母親への心配の掛け方と寿命の関係を調査

親に極力心配なことを言わない、かけないようにしている母親の平均寿命は77歳

何でも親に相談し心配をかけた母親の平均寿命は86歳だった

 

自分の分身である子供が未熟、未完成だと

「しっかりしなくては」と心身ともに強くなる

 

もちろん親不孝は寿命が縮まるが、

親に相談や愚痴を言い、心配をかけるくらいは、かえって親孝行になる (44)

スポンサード リンク