心理評論家:植木理恵によると

●ムッとした時に「はぁ?」「えぇ?」と否定的な感嘆詞を言うだけで心が落ち着く

 

上手な説明よりも感嘆詞の方が、相手の感情に響きやすい

 

何か理不尽なことを言われた時に、

上手に切り返そうと思うのではなく

感嘆詞を言うだけで相手に伝わり、自分の気持ちも晴れる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●女性が怒ると信用を失い、男性が怒ると信用を得やすい

 

●人は意識せずに、ため息を5分に一回ついている

ため息前は、通常より約2倍も酸素を吸う

すると前頭前野が活性化し、感情を抑制する

 

●炭水化物を食べるとセロトニンが増加し、イライラがおさまる

寝不足は、怒りを抑える能力を弱める

(43)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●幼少期に言語能力が高い人は、怒り感情を抑える能力が高い

自分を偉い、力が強いと思っている人は、怒りやすい

 

2014年、大韓航空元副社長が客室乗務員に

クレームをつけ運航を遅延させたナッツリターン事件を

きっかけに研究した結果、

●東洋人で自分の力が強いと思う人は、怒りを抑えられない傾向にある

ことが分かった

 

怒り感情は、嫉妬感情と似ているため、怒り感情を抑えると嫉妬感情が高まる

(77)

疲労評論家:梶本修身によると

アメリカの国立衛生研究所とワクチンメーカーが

既に新型コロナのワクチン開発を進めている

 

従来のワクチンは、動物や孵化した卵で培養していたが、

●日本の企業がタバコの葉からワクチンを作る技術を開発

ウイルスの遺伝子を切り取り、

ウイルス様粒子を作ることに成功

それをタバコの葉に入れると増殖する

1か月で1千万人分のワクチンが生産できる

 

ワクチンを開発するまで10年かかっていたが、

ウイルスの遺伝子解析が済めば、

1か月でワクチンが開発できるようになった

●新型コロナウイルスの遺伝子解析は完了している

(39)

感染症対策評論家:岡田晴恵によると

新型コロナウイルスは、インフルエンザ対策と一緒だが、

●新型コロナのウイルスは、うんちに出てくる

ノロウイルスと同じようにトイレのフタは閉めて流し、

手洗いを入念にすることが大切

新型コロナは、症状が軽い人が多いが、

持病者や高齢者では重症化する恐れがある

 

生物学評論家:池田清彦によると

一番簡単な感染予防は、

●5分ごとに水を飲み、飴を舐めれば予防できる

喉を乾燥させないことが重要

握手も極力避けた方が良い

 

疲労評論家:梶本修身によると

●新型コロナは、アルコールや石鹸に弱いので

マメにアルコール消毒して石鹸で手を洗うのが重要

アルコールウェットティッシュで拭くだけでも十分効果的

(33)

心理評論家:植木理恵によると

●どんなに嫌な気持ちになっても、必ず少しの好奇心がある

99.9%の悲しみがあるときは、0.1%のちょっとした楽しみがある

 

例えば、親族が亡くなって悲しい気持ちでも0.1%は高揚感を持っているもの

人は悲しみで絶望しないように少しの高揚感を持つようになっている

 

●状況が悪化しても自分だけは大丈夫と楽観的になる

これも生き延びるための心理

 

疫病にかかった人の93%が自分だけは大丈夫と思っていた

7%しか疫病にかかる心配をしていなかった

対岸の火事の間は、好奇心で変な噂が流れやすい

(46)

スポンサード リンク