歯科医療評論家:伊丹太郎によると

●歯に極小センサーをつけることで何を食べたかを管理できる

 

ボストン タフツ大学が開発

大きさは2㎜×2㎜

糖分、塩分、アルコール量など24時間体制でモニタリング

歯に取り付けることで摂取した食べ物を100%管理できる

 

管理する医師にデータを送信することで指導を受け、

病気の予防にもつながる (21)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●生きた寄生虫 豚べん虫がサプリメントになる

 

べん虫とは、盲腸に寄生する寄生虫で

全世界で10億人が持っていると言われている

豚べん虫を持っている人は、アレルギーが非常に少ないことが分かった

豚べん虫を飲み込むと5㎝程に成長し、

幼虫となって盲腸に寄生する

べん虫は、寄生した人が困るのでアレルギーを抑える物質を分泌する

1か月すると死滅して、排泄されるので、安心

 

ドイツでは申請が始まっており、

日本の病院でも自己免疫疾患の治療に豚べん虫を使用する動きがある (49)

呼吸器評論家:大谷義夫によると

●針がない注射器が開発された

注射を毎日打たないといけない患者の負担を減らす

針がないので感染症などの医療事故防止にもつながる

 

疲労評論家:梶本修身によると

皮膚は0.7㎜間隔で痛みを感じるセンサーがついている

普通の注射器は、0.8㎜なので痛みセンサーに接触してしまう

針がない注射器は、0.04㎜のジェット噴流で薬を注入するので

痛みを感じることが少ない

アメリカでは すでに認可され実用化されている (238)

先端医学評論家:一石英一郎によると

●遺伝子レベルでエイジングケアできる化粧水がある

 

ステムセルという

 

再生医療法により細胞の取り扱いは、厳しいが

細胞から分泌された細胞培養液は利用しやすい

 

幹細胞を培養する中で出た分泌液を回収し、

化粧水に利用

肌につけると細胞が元気になる (1498)

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

アメリカ カリフォルニアのスタンフォード大学の研究

●人工知能で90%以上の確率で余命が分かる

20年間、約200万人の医療記録をAIに読み込ませ学習させた

余命3か月から12か月の患者を90%の精度で予測する

 

生物学評論家:池田清彦によると

●人工知能の方が医者が診断するよりも精度が高い

2917年12月、アメリカの医師会の雑誌に掲載された

乳がんの患者のがんが転移しているか?を

画像から診断するテストで

いくつもの画像を診断した結果、

人工知能の正解率が高かった (13)

スポンサード リンク