がん」タグアーカイブ

環境評論家:武田邦彦によると

玄関に靴を置きっぱなし、廊下に段ボールがあるなど

●片付けられていない家は、風邪をひきやすい

玄関に靴が散乱していると、通るたびに昼間の嫌なことを思い出す

そのストレスにより、免疫力が衰える

段ボールを見るたびに片付けなくてはいけないと考える

そのストレスにより、免疫力が衰える

 

●寝室の天井が斜めの家は、がんになりやすい

寝ているときは、完全に無防備

天井の尖り、斜めは、恐怖心やストレスになり、不眠症や免疫力低下につながる

 

●弱っている観葉植物がある家は、住人の元気もなくなる

観葉植物は、よく手入れして、元気を保つことが大事

(25)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●60代で無理にタバコは止めない方が良い

 

60代で無理にタバコを止めると体調が悪くなる

 

まず便秘になる

それから頭の回転が悪くなる

 

60代以降にできたがん細胞が大きくなるまで約30年もかかる

そのがんが原因で死に至る確率は低い

 

止めるなら30代、40代までに

(133)

先進医学評論家:一石英一郎によると

●たった10秒でがんが判別できるペン型の装置を開発

テキサス大学の研究チームが開発

瞬時に3000種類以上の代謝物を分析する技術で

ノーベル化学賞の田中耕一が発明した技術の応用

10秒間触れるだけでで瞬時に がん細胞かどうかを判断する

 

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

●機械が勝手に歯の治療をする技術が開発された

アメリカで開発されたロボットは、

虫歯を削るだけでなく診断する技術まで開発されている

鹿児島大学が開発した歯科ロボットは、

全自動ではなく医者の補助的役割を果たす

(48)

●公立病院の9割が赤字経営

全国で8400の病院のうち、約4割が赤字

特に公立病院は、約9割が赤字

今後 赤字で閉鎖する病院が増加し、

治療が受けられない可能性もある

 

医療法で病院のトップは、医師でないといけない

しかし医師は、経営に関して勉強していない

●日本で がんの手術ができなくなる可能性がある

昔 外科は花形だったが、外科を希望する若手医師が減少

さらに外科医の高齢化が進んでいる

 

●がんを診断する病理医は、約2000人しかいなく絶滅危惧種となっている

(83)

生物評論家:池田清彦によると

ウズラの卵とニワトリの卵の成分は少し違う

ウズラの卵には、オボムコイドという物質が入っている

オボムコイドは、人間の腸内にある物質と親和性が高い

鶏卵アレルギーの人でもウズラの卵だと反応が起きにくい傾向がある

●ヨーロッパではウズラの卵でアレルギー症状を緩和させている

風疹のワクチンなどには、

アレルギー反応を起こしづらいウズラの卵を使用することもある

 

●からしを食べると がんになりにくい

からしには、シニグリンという物質が入っている

シニグリンは、体を温めたり、気分が良くなる効果があるが、

がん細胞をアポトーシス(自殺)させる作用があることが分かった

アポトーシスとは、細胞が自殺する、プログラムされた細胞死のこと

(468)

スポンサード リンク