がん」タグアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●運動不足は、がんになる確率が上がる

男性の場合、膵臓、肝臓、大腸などのがんのリスクが約1.6~1.8倍に

女性の場合も、胃がんのリスクが約1.6倍に

 

加齢医学評論家:岡本宗史によると

1950年代のイギリスで2階建てバスの運転手と車掌を調査

すると車掌の方が運転手より圧倒的に長生きだったことが分かった

 

座り過ぎが体に悪い

●1日8時間以上座っている人は死亡率が60%アップする

 

予防医療評論家:木島豪によると

●蒸し大豆を食べるだけで筋力がアップする

1日300gの蒸し大豆を30日間、タクシー運転手が摂取したところ、

運動せずに握力や筋量が増加したことが分かった

 

大豆プロテインが入っていればOK

(43)

スポンサード リンク

加齢医学評論家:岡本宗史によると

血液型とがんについて研究が進んでいる

中国のデータでは

●B型が消化器系のがん、例えば胃がんや大腸がんのリスクが低い

 

ギリシャからの報告によると

●B型とAB型の女性は乳がんになりにくい

 

生物学評論家:池田清彦によると

●O型は脳卒中、心筋梗塞になりにくい

血液を固まらせる因子が、O型は他の血液型と比べて3割ほど少ないことが分かっている

 

●O型は血液がサラサラで血栓になりにくい

 

逆に交通事故で怪我して出血すると

血液が固まりにくいので危ない

 

●O型は他の血液型から輸血できない

O型は他の血液型を拒否するすべての種類の抗体を持っているため、拒絶反応のリスクが高い

 

O型はデフォルト

●昔、人間は全員O型だった

O型がオリジナル

O型からA型→B型→AB型と出現した

 

2万年前に新世界に渡った人たちアメリカのインディアン、アポリジニ、ブラジル先住民は、ほぼO型

(52)

疲労評論家:梶本修身によると

●キャベツの芯に含まれる辛味成分は、ガンの発症を抑える働きがある

国立がんセンターが、キャベツの摂取量と肺がんの発症率を調査したところ

キャベツを多く食べる人の方が、肺がんの発症率が43%も低いことが分かった

 

食物学評論家:佐藤秀美によると

●ジャガイモ1個は、レモン果汁2個分のビタミンCに相当

 

食の嗜好性と性格の調査によると

●チーズ好きの人は、社交性が高くて積極的な人が多い

さらに盛り付けにこだわりがち、食の流行に流されやすく、

アルコールの場を好む傾向がある

(2364)

環境評論家:武田邦彦によると

玄関に靴を置きっぱなし、廊下に段ボールがあるなど

●片付けられていない家は、風邪をひきやすい

玄関に靴が散乱していると、通るたびに昼間の嫌なことを思い出す

そのストレスにより、免疫力が衰える

段ボールを見るたびに片付けなくてはいけないと考える

そのストレスにより、免疫力が衰える

 

●寝室の天井が斜めの家は、がんになりやすい

寝ているときは、完全に無防備

天井の尖り、斜めは、恐怖心やストレスになり、不眠症や免疫力低下につながる

 

●弱っている観葉植物がある家は、住人の元気もなくなる

観葉植物は、よく手入れして、元気を保つことが大事

(99)

生物学評論家:池田清彦によると

●60代で無理にタバコは止めない方が良い

 

60代で無理にタバコを止めると体調が悪くなる

 

まず便秘になる

それから頭の回転が悪くなる

 

60代以降にできたがん細胞が大きくなるまで約30年もかかる

そのがんが原因で死に至る確率は低い

 

止めるなら30代、40代までに

(409)

スポンサード リンク