Tag Archives: がん

総合医療評論家:石原藤樹によると

●ダイエットのために水泳をするのは危険

 

普段 運動をしていない肥満で腰も膝も悪い人は、

水泳を勧められることが多い

 

水の中は水圧がかかる

そのおかげで膝や腰に負担は軽減されるが、

水中から上がる時に水圧が解除され、血圧が急に上がり心臓の負担になる

 

健康な人であれば問題ないが、

高血圧な人、心臓に病気を持っている人は

血圧が急に下がった時に心筋梗塞の発作を起こすことがある 環境評論家:武田邦彦によると

がんの研究者団体のデータでは

●少し太っている方が、がんになりにくい

痩せ過ぎ、太り過ぎは、がんの発生率が高く

少し太っている程度が好ましいというデータがある (181)

スポンサード リンク

統合医療評論家:亀井眞樹によると

体毛は、がんとの関係がある

 

●がんになると体毛が薄くなる

 

これまで張りのあった体毛が、

いつもと違う状態になった時、

体の中で異変があると考えた方が良い

 

がんの中でも、多発性骨髄腫は特殊で、

逆に体毛が濃くなりやすい

 

なので体毛はむやみに脱毛しない方が良い (853)

生物学評論家:池田清彦によると

●既婚者の方が、がんを宣告された後、長生きできる

ハーバード大学で73万人を対象に大規模調査

●独身者よりも既婚者の方が、がん転移する確率が17%も下がる

がんになっても独身者は誰にも愚痴れない

結婚していると夫婦で会話ができ、精神的に安定する

精神的に安定することで、免疫力に影響する可能性が考えられる

 

妻に先立たれた夫の死亡率は高い、は分かっていたが、

●妻に先立たれた夫の1年以内の自殺率、は独身者の66倍

うつになる確率も、独身者よりも15%高い

半年内に死ぬ確率も、40%高い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●週一回のHをする夫婦が、生活満足度が最も高かった (147)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●がんになるかは運次第という研究がある

病気になる ならないは色んな要素が関係する

医学は運に影響されるないように昔から進化してきた

しかし なぜ病気が起こるのか?は、医学が入れない領域

 

アメリカ ジョンズ・ホプキンス大学の研究

複雑で様々な研究を行い、女性の乳がんと男性の前立腺がん以外の

人間の様々な組織に出来る色々ながんを統計的に分析

 

成人が発症するがんの2/3は、

腫瘍の成長を促進する因子に

不運な変異が偶然 起きている事が分かった

 

残りの1/3は、親からの遺伝や生活習慣+不運なことの症状作用

●がんを発症するか?は偶然が作用している

 

亀井がこれまで診てきた患者の中で

自分に怒りを抱えている患者は病気の経過が悪い

「何でこんな病気になった?」と自分を責めたり、

家族も一緒に「お父さん頑張るのよ」とプレッシャーを与えたり

病状が重いはずなのに明るい雰囲気の病室がある

そういう病室の患者は、病気の経過が良くなりやすい

怒りを手放すことが大事 (198)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

環境評論家:武田邦彦によると

●辛い思いをしない事は、がん予防につながる

 

この辛いとは、頑張るや寝ないではない

本人が辛いと思う状態のこと

 

目標があって一生懸命 夜も寝ないで頑張って、

激しいスポーツをしても大丈夫

 

しかし辛いと思う気持ちが引き金となり、

がん細胞が増殖しやすくなる

 

現代社会は複雑に組み上がっているので

辛い環境から逃げられないことがある

がんを発症させないためには、思い切って逃げることも大切 (705)

スポンサード リンク