アリゾナ州立大学」タグアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

●若者の真似をすると脳も若返る

アリゾナ州立大学の研究

高齢の蜂は外回りをする、若い蜂は巣の中で子育てをしている

高齢の蜂に子育てをやらせると

若い蜂が出すホルモンが出て脳が若返っていることが分かった

それは人間の中にもあり、認知症の予防に効くかもしれないと研究されている

●自分のことを若いと思う60代は、身体も40代に相当することが分かっている

 

生物学評論家:池田清彦によると

動物実験だが、

●若い血を輸血すると若返る

逆に高齢の血を輸血すると老化が早くなる

●30代が一番感染症にかかりにくい

20代の方が免疫力があるが、病気の経験が蓄積し免疫となる

 

●感動すると老化する

感情の起伏は脳に負担がかかり、老化の原因の一つに

感動すると分泌されるグルタミン酸やドーパミンは、

過剰な量は毒性とされ、早く老化する可能性がある

(124)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

 

生物学評論家:池田清彦によると

●目立たないで存在感をアピールしたい人は、リーダーの素質がある

目立ちたい人は、リーダーの素質がない

リーダーは周りからリスペクトされてはじめてリーダー

リーダーとして重要な事は、目下の人に寛容であること

自分より上の人が寛容であると下の人間は、その人を恐れる

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

シンガポール大学、北京大学、アリゾナ州立大学の研究チームが

中国の大きな企業のCEOを調査

さらにジム・コリンズがフォーチュンの1000社の企業のトップを調査

その全員に共通する特徴は、目立たないで謙虚だった

●トップの共通点は 目立たずに謙虚

大企業のトップはグイグイ引っ張っていく人は ごく少数で

目立たずに謙虚な人が多い傾向があった

(1062)

スポンサード リンク