Tag Archives: アレルギー

脳科学評論家:澤口俊之によると

●春に自殺率が高いワケ

その理由は、

1、春は衝動性が高まりやすい

2、楽しそうにしている周囲とのギャップ

最も有力なのが、アレルギー説

アレルギーによって気分が不安感、うつ感になる

●花粉症になると気持ちが落ち込みやすくなる

 

●花粉が1平方メートルあたり20個増えるだけで成績が2.5%下がる

花粉症の人でなくても脳に悪影響を及ぼす

花粉症の症状が出ていなくても、脳内で微小な炎症が起こっている

涙やくしゃみなど症状が出れば対策できるが、

出ないと普通に過ごして脳に悪影響が起こる (11)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●爪噛みの良い面は、アレルギーになりにくい

爪を噛むことで口から雑菌が侵入し免疫力が強くなる

 

しかし、爪噛みは、良くない

基底にあるのは、不安感

不安感があるときに爪を噛むと、快感になっていく

それを身体集中反復行動という

爪噛みや髪の毛をいじるなど

不安感がベースにあるので、不安感を鎮めると直りやすい

 

●爪噛みと歯ぎしりは、一連の行動

根本には、攻撃性と不安感がある

 

●窓から小鳥がチュンチュンしている平和な風景を見ると不安感が軽減される (32)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●海でクラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性がある

 

クラゲの触手に含まれる成分と納豆のネバネバ成分は、

ほぼ同じ構造をしている

この現象は、湘南サーファーに多発している

 

●花粉症の人が果物・野菜アレルギーになりやすい

 

似たような構造でアレルギーが起こることを交差反応という

 

年を取ってから急に嫌いになった食べ物は、

アレルギーになっている恐れがある (100)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●露出の多い格好でキャンプに行くと牛肉アレルギーになる危険性がある

マダニは春~秋にかけて活発化する

気づかない間に噛まれる危険がある

マダニは噛む際に痛みを感じない物質を入れるので、噛まれた人は、何も感じない

 

何度もマダニに噛まれると牛肉アレルギーを発症し、

じんましん、最悪 死に至ることもある

 

マダニの唾液中のアレルゲンと牛肉のアレルゲンが、ほぼ同じ構造をしている

血液型B型、AB型は、ほぼ発症しない

 

マダニに効く成分が入った虫よけを使うのが、ベスト (58)

生物学評論家:池田清彦によると

●キュウリは、朝出かける前に食べない方が良い

キュウリに含まれるソラニンは、紫外線を吸収しやすくなる

朝食べて出かけるとシミができやすくなる

 

他にソラニンが含まれる食材は、

パクチー、パセリ、セロリ、かんきつ類など

 

ソラニンが少ない食材は、トマト、スイカ、桃、イチゴなど

 

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●きゅうりパックなど食べ物のパックは、行うべきではない

食物アレルギーは、食べた食物が原因ではなく

肌から入った食物のたんぱく質がアレルギーの原因であることが分かった

実際に、きゅうりパックをした人が、きゅうりアレルギーを発症している (150)

スポンサード リンク