カフェイン」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

日焼けで一番心配なのが、皮膚がん

●コーヒーを飲めば、日焼けによる皮膚がんを抑えられる

10万人以上を対象としたハーバード大学の研究

1日コーヒーを3杯以上飲む女性は、全くコーヒーを飲まない女性と比べて

20%以上 皮膚がんの発生が少なかった

男性の場合は、その差は9%だった

 

コーヒーに含まれるカフェインが、

紫外線でがん化しやすくなった細胞を殺して

排出する効果があることが分かった

 

●カフェインを塗ると肌の炎症を抑え、皮膚がんのリスクが低下する

カフェイン入りのクリームは、今 製薬会社が作ろうとしている

(60)

スポンサード リンク

太る人の4つの共通点

 

Q:あなたの血液型は?

20歳から20㎏以上太った人

1位:O型

2位:B型

3位:A型

4位:AB型

20歳から体重が変わらない人

1位:A型

2位:O型

3位:B型

4位:AB型

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●A遺伝子がないO型とB型は太りやすい

A遺伝子を持つ人は、我慢強いことが分かっている

したがってあまり過食しない

 

Q:コンビニでついつい買ってしまうものは?

20歳から20㎏以上太った人

1位:スイーツ

2位:ホットスナック

3位:アイス

4位:パン

5位:おにぎり

20歳から体重が変わらない人

1位:コーヒー

2位:チョコレート

3位:スイーツ

4位:アイス

5位:パン

 

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●カフェインは、脂肪分解作用が非常に強い

コーヒーを飲んだ後、よく運動するとダイエットに効果的

ストレッチやヨガで痩せる要因は、体が動きやすくなるから

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●チョコレートには、ダイエット効果とむくみ予防効果がある

チョコレートポリフェノールには、血流を改善し、

むくみ防止効果があることが分かった

定期的に摂ると脂質代謝が上がり、ダイエット効果も期待できる

●板チョコ1枚くらいを午後2時に食べると良い

カカオマスは、一時的に血糖を上げ、過食を防ぐ

食物繊維のリグニンは、便秘改善に効果的

 

心理評論家:植木理恵によると

昔であればタバコが入っていたはず

コーヒー、チョコレート、タバコを好む→香り、フレーバーを楽しみたい人

スイーツ、ホットスナック、アイスを好む→味覚、旨みを楽しみたい人

 

Q:実家に帰る頻度はどれくらいですか?

20歳から20㎏以上太った人

1位:年に1回未満

2位:3か月に1回~半年に1回

3位:月に1回~3か月に1回

20歳から体重が変わらない人

1位:月に1回~3か月に1回

2位:半年に1回~年に1回

3位:年に1回未満

 

心理評論家:植木理恵によると

●体型を指摘してくれるのは、身内だけ

妻や夫は、毎日会っているので体型の崩れに気づきにくい

たまに会う身内は気づきやすく、指摘してくれる

実家に帰る頻度が多いほど、指摘され改善しようと思うきっかけにある

 

Q:あなたの口癖は何ですか?

20歳から20㎏以上太った人

1位:疲れた

2位:眠い

3位:まっいいっか

20歳から体重が変わらない人

1位:ありがとう

2位:とりあえず

3位:たしかに、なるほど

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

疲れた、眠い、まっいいっか、が口癖→ストレス状態

ストレスを抱えていると甘い物を求める

ありがとうを言うと、健康になることが分かっている

 

心理評論家:植木理恵によると

口癖は口癖を呼ぶと言われている

疲れたと良く言う人は、周りから疲れたと言われやすい

惰性的な人間関係の中にいると過食して太りやすくなる

(174)

●パニックになった時の深呼吸は、実は逆効果

パニックした際、人は酸素過多になる

呼吸が荒くなってしまい、二酸化炭素を吐きすぎてしまう

そんな時に深呼吸をしてしまうとさらに過呼吸になってしまう

さらに過呼吸により、めまいを起こし、失神してしまう

パニックの時ではなく落ち着くためには深呼吸は有効

●パニックになった時は、深呼吸ではなく浅い呼吸を心がけた方が良い

 

心理評論家:植木理恵によると

●パニック障害は、ルーティンを決めておくと治る患者が多い

例えば、横になれば治る

電車でも飛行機でも遠足用のシートを持ち歩き、

パニック障害の発作が来た時は、床に寝るようにしていた

●一生パニック障害の人はいない、パニック障害で亡くなった人もいない

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●男性より女性の方が2倍 パニック障害になりやすい

カフェインの摂り過ぎが、きっかけであることが多い

いきなり動悸が激しくなり、

死ぬんじゃないかという恐怖により不安感に襲われる

カフェインが脳を刺激するため、パニック発作を引き起こす

(291)

印象評論家:重太みゆきによると

●コーヒーを飲んで30分後に運動すると脂肪燃焼率が20~50%上がる

カフェインが入っていて、脂や糖が入っていなければ何でもよい

 

骨格筋評論家:岡田隆によると

●姿勢を見るだけで痩せやすいかが分かる

姿勢は、筋肉で保つパターンと骨で保つパターンの2種類がある

骨に依存している人は、日ごろからエネルギーを消費しにくい

 

猫背は、お腹や胸の骨をつぶして姿勢を保っている

背筋を張ると脊柱起立筋で支えて姿勢を保つ

(134)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

オーストラリアのクイーンズランド工科大学

●カフェイン好きはダマされ易い

 

自分の考えとは反対の主張を説得する実験

 

中絶に反対する人、安楽死に反対する人など

強硬に反対する人たちを2つのグループに分ける

 

片方のグループにはカフェインあり、

もう片方にはカフェインなしの同じような飲み物を飲んでもらう

 

研究者がその人の強硬な主張に対して説得する

 

するとカフェインを摂った人の方が

はるかに説得されやすいという事が分かった

 

●カフェインを飲むと人に説得され易い

カフェインは言語野に影響

今ある問題への興味が増して集中力がアップする

真剣に考えることで反対の主張にも賛成する傾向がある

●女性がカフェインを飲むと発情し易い

女性がコーヒーを飲むと発情し易くなる傾向

●物を噛みながら話を聞くと説得され易い

咀嚼の硬さは柔らかい物よりもカリカリとした固い物

ピーナッツなど固い物を噛むと説得され易い

(181)

スポンサード リンク