シワ」タグアーカイブ

目の美容整形医師:福田慶三によると

15年前に自身も二重整形をした

●目を二重整形すると肩こりが治る

目を開けやすくなることで

おでこの筋肉疲労が軽減し、肩や腰の疲れも軽くなる

他にもアゴと唇を整形したという

 

●美容整形医師の多くは、自らを美容整形している

鼻の美容整形医師:小野准平も二重整形を経験

加齢と共に目の疲れによって痙攣、二重整形することで楽になった

 

肌の美容整形医師:兵藤秀忠もボトックス注射をしている

 

豊胸の美容整形医師:上原恵理も顔をフルコンボ

 

輪郭形成の美容整形医師:山本崇弘もメンテンスとして

ボトックスとヒアルロン酸を打ち、スレッドリフト済み

 

●シワは刻まれてからでは遅い

若い頃からボトックス注射を打つとシワが刻まれにくい

兵藤は、おでこ、眉間、目尻に半年おきに打っているという

(62)

スポンサード リンク

先端医学評論家:一石英一郎によると

●浮気をする人は、芸術や音楽の才能がある

浮気遺伝子:バソプレッシン受容体の変異が発見された

バソプレッシン受容体が変異を持つ人は、浮気しやすい

その浮気遺伝子を持つマウスは、音に敏感だった

浮気遺伝子を持つ人は、芸術や音楽の才能がある人が多い

さらに浮気遺伝子を持つ人は、せっかちな人に多い

 

印象評論家:重太みゆきによると

●目が細い人は、40代半ばから どんどん若返る

たくさんの写真を並べて、

何歳何歳と答えてもらう実験をすると

40代半ばで若く見える人に、目が細い人が多かった

目が大きい人は、目尻や目の下にシワができやすい

●目が細い人は、笑ってもシワができにくい

(93)

骨格筋評論家:岡田隆によると

老けにより顔全体が垂れるのは、

首についている広頸筋に引っ張られているから

首の皮膚についている広頸筋を

伸ばさないと重力に勝てない顔になる

●首の筋肉を鍛えて顔のシワやたるみをとる方法

あごの下を押さえ、顔を上に突き上げる

皮が引っ張られているような伸び感を感じるのが大事

しゃくれさせて伸ばしても効果的

 

印象評論家:重太みゆきによると

●えび反りをしてから寝ると若く見られる

えび反りをすると、まぶたの上の筋肉が持ち上がり、

繰り返し鍛えると、生き生きとした目に

寝る前に背中にクッションを敷き、

仰向けのまま背中を反らせて後方を見るように意識して5秒

寝る前に10分~15分行うだけで目が明くようになる

(313)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

緊張のあまり吐き気をもよおすのは、

緊張のストレスが嘔吐中枢を刺激するから

 

さらに緊張でノルアドレナリンが大量に分泌されるので

体温、血圧上昇、動悸、震えなどの症状が起こる

 

最近 分かってきたのが、

●極度の緊張下に置かれると肌のバリア機能が低下し、シミやシワなど老化の原因になる

 

精神医学評論家:岡田尊司によると

完璧主義や体裁を気にする人は、あがり症になりやすい

(141)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

年を重ねてシワが出始めると良い香りを抑えた方が良い

 

●匂いは シワを強調して老けて見させる

 

医療評論家:おおたわ史絵によると

特にバラの香りは、若い女性の魅力を引き出すが、

年配者は老けさせて見せる

 

中でもグレープフルーツなどの柑橘系の香りは、若く見える

(1071)

スポンサード リンク