ハグ」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●親友とハグをすると脳が若くなる

 

アメリカのデータでは、

パートナーと呼ばれるような狭く深い親友がいないと

脳の老化が早くなりやすいことが分かった

 

●親友の定義

自分の財産の2/3を払ってもいい仲の深さをいう

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝のよると

●友人と深く狭く付き合っているとダイエットの妨げになる

国内大学の147人の大学生を対象に食生活を調査

すると親友の存在は、バランスよく食べる、腹八分目、

よく噛んで食べるといった食生活の妨げになっていた

(167)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

 

アメリカ サイエンス・ディリーに掲載

●ハグする機会の多い人ほど風邪をひきにくい

 

悩みを聞くなどの支援活動を行うソーシャルサポートの団体が

404人を対象にハグをする回数と風邪をひく回数を調査

 

すると好きな人に毎日ハグをしてもらっている人ほど

風邪をひきにくい事が分かった

 

ハグをすると心が安らぎ、オキシトシンが分泌される

おそらく免疫力があがるのではないか、と思われている

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●オキシトシンが分泌されると親和性を高め、肌の張りがアップする

筋肉がたるむと肌がたるむ

 

ハグでオキシトシンが分泌され、

筋力の張りが戻り、肌の張りがアップする

 

環境評論家:武田邦彦によると

●自分の事を不健康と思う人は死亡リスクが2.2倍

(570)

ホンマでっか!?TVで紹介

親子のいい関係まずい関係

 

心理評論家:植木理恵によると

●親に溺愛された子供は将来 親の老後の面倒を見ない

母親が忙しくて冷たかったり、寂しかった経験が少しある方が、

満たされない気持ちがあるので親を大事にする傾向がある

 

親子心理評論家:山崎雅保によると

●溺愛は子供を甘えさせているだけ

愛するというのは、子供とちゃんと距離をとれること

溺愛されて育った子供は、親の所有物になり自立できない

 

●親からハグされないと将来触られるのに抵抗を感じる

(2517)

スポンサード リンク