パフォーマンス」タグアーカイブ

経済評論家:門倉貴史によると

●不満を言い合うチームの方が、パフォーマンスが上がりやすい

オーケストラを調査

メンバーが不満を持っている集団の方が、

パフォーマンスが上がりやすいことが分かった

不満がある方が、お互いの欠点を補い、モチベーションが上がりやすい

仲が良いと馴れあいの関係になり、さらなる飛躍につながりにくい

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

ある世界的企業がチームの生産性を調査

お互いに不満を言い合うグループの方が、

隠すグループに比べて生産性が上がるというデータもある

(149)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

火事場になると筋力の麺でアップすることは分かっているが、

●火事場の馬鹿力で知的な能力もアップする

 

小学生が計算問題を解く実験

カウントダウンしながら計算する群と

時間を決めない群に分かれ、計算させた

 

するとカウントダウンしながら計算する方が、正答率が高かった

追い詰められる気持ちは、快感情(楽しい・嬉しい)とリンクする

 

●追い詰められると快感を得てパフォーマンスが上がる

追い込まれながらやるのが、なぜか不快ではない

 

夏休みの宿題も残り1日で終わらせた経験は、

快感になり一生忘れられない

(216)

ホンマでっか!?TVで紹介

本性が分かるクセの真実

教育評論家:尾木ママによると

若者に多いクセのペン回し

●ペン回しのクセを止めさせると学習効率が下がる

ペンを回すのは、緊張した時や考え事の時が多い

脳の考えるキッカケを作る、緊張をほぐす、

考え事に集中するなどの助けになっている

 

心理評論家:植木理恵によると

●クセをそのままにした方が学習効率が上がる

オックスフォード大学の学生650人を対象に調査

半分の人には通常通り、半分の人には強制的にクセを止めさせた

結果、クセを抑制した群は、

通常通りの群の1/3のパフォーマンスしか出なかった

●無理にクセを止めさせると発揮できる能力が1/3に

クセや緊張緩和や集中力アップに役立っている

(664)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●仕事中のBGMは、仕事の効率を下げる

特に自分が好きな曲ほど、仕事の効率が悪くなる

音楽には集中力を上げたりする効果があるが、

仕事に関してはBGMは良くない

まだ自分が好きでない曲であれば良いが、

自分が好きな曲だと危ないと言われている

●10代の研究では、好きな音楽を聴きながら運転すると事故率が上がる

若い人において顕著

運転中にBGMを聴くと疲れが癒されると錯覚する

若い人はどういう時に危険運転をするか?の研究

 

運転中におけるパフォーマンスについて

カフェインを与えた群とBGMを聴かせた群に分けて実験

BGMを聴く群の方が長期間のドライブでは、

主観的に癒されるが、パフォーマンスは下がる

カフェインの場合はパフォーマンスが上がる

疲れていない感覚に関わらず

本当のパフォーマンスが下がっているので危ない

 

アップテンポの音楽を聴いている時に事故を起こしている

(903)

スポンサード リンク