乾燥肌」タグアーカイブ

入浴評論家:早坂信哉によると

●生芋こんにゃくを食べると乾燥肌に効果的

普通のこんにゃくは、一度粉末にしてしまう

生芋こんにゃくは、こんにゃく芋から作る

生芋こんにゃくには、こんにゃくセラミドが豊富

1日100g摂取すると乾燥肌に良い

セラミドは、肌の水分を保持する

2週間ほど食べるだけでセラミドが2倍になる

 

●生芋こんにゃくは、スムージーにするのがベスト

茹でた生芋こんにゃく、バナナ、ヨーグルト、

ミックスベリーをミキサーで

(26)

スポンサード リンク

昆布評論家:安井肇によると

昆布は海の中でミネラルなどの栄養を吸収している

●昆布風呂に入ると乾燥肌が和らぐ

 

水道水は、肌に刺激が強い

昆布のミネラルで緩和してくれる

昆布のネバネバ成分(多糖類)は、2、30分でまったりした湯に変わる

そのまったり感には、保水効果がある

新品の昆布は効果が高いが、使用後の昆布でも効果ある

 

10㎝×10㎝程の大きさの昆布を網パックに入れて風呂に入れると良い

 

入浴評論家:早坂信哉によると

温泉には、透明な温泉と濁った温泉の2種類ある

透明な温泉は、そのまま出ても大丈夫だが、

濁った温泉は、洗い流したほうが良い

濁った温泉は、大体 硫黄泉で体の皮脂を落とす

ツルツルになるが、保湿した方が良い

透明な温泉は、皮膚をコーティングし、乾燥肌に良い

入ったときにピリピリ、ヌルヌルする温泉は、洗い流したほうが良い

(24)

疲労評論家:梶本修身によると

●乾燥肌の人は、光り物の寿司を食べたほうが良い

イワシ、サンマ、サバなどを食べたほうが良い

表皮の中にある細胞管脂質で一番重要な役割を持つのがセラミド

セラミドは肌の水分を保つだけでなく

肌の代謝にも役割を持っていることが分かった

セラミドを作るのに、不飽和脂肪酸が重要な役割を果たしている

不飽和脂肪酸は、体の中で生成できないので

食べ物から摂取する必要がある

EPAやDHAを含むオメガ3脂肪酸を摂ると

セラミドを生成し、抗炎症効果が期待できる

 

オメガ3脂肪酸が多く含まれているのが、イワシ、サンマ、サバ

米にもセラミドが含まれているので、光り物の寿司は乾燥肌に効果的

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●光り物の魚を食べると緊張を抑える効果がある

(153)

スポンサード リンク