内臓脂肪」タグアーカイブ

唐辛子評論家:渡辺達夫によると

唐辛子のカプサイシンは、内臓脂肪を減らす作用がある

 

また

●唐辛子は胃潰瘍の原因になると言われていたが、その逆であることが分かった

少量の唐辛子は、胃酸分泌を抑え、胃潰瘍を予防する効果がある

しかし唐辛子を大量に摂取すると体に危険を及ぼす可能性もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●激辛好きは、男性ホルモンが高い

 

●激辛好きの女性は、痛みが好んでマゾっ気がある

(192)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

スポーツと健康の新常識

 

ホルモン評論家:久末伸一によると

●スポーツの強いチームを応援するだけで痩せられる

スポーツの試合の勝ったチームと負けたチームの

テストステロン値を測ると勝ったチームの方が圧倒的に高い

負けたチームは低くなる

 

ワールドカップの観客の唾液を計測したところ、

勝ったチームを応援していた観客の方がテストステロン値が高く、

負けたチームを応援していた観客は値が下がっている

 

男性ホルモン:テストステロンは筋肉を強くする

筋肉が強くなると代謝が上がり内臓脂肪がつきにくくなる

(720)

ホンマでっか!?TVで紹介

最新ダイエットの裏常識

 

●遺伝子で肥満のタイプが分かる

 

・生物学評論家:池田清彦によると

●β3AR遺伝子に異常がある人は日本で3人に1人

このタイプの特徴は内臓脂肪が溜まりやすい

中性脂肪を燃やす能力が低い

このタイプの適したダイエットは自分で管理し糖分を控える

 

●UCPI遺伝子に異常がある人は日本で4人に1人

このタイプの特徴は脂肪細胞を燃焼させにくい

このタイプの適したダイエットは自分で管理し脂肪分を控える

 

●β2AR遺伝子に異常がある人は日本で6人に1人

このタイプの特徴は太らない人

太りにくく筋肉が付きにくい

3万円程の費用で口の粘膜から遺伝子を調べるサービスがある

(235)

スポンサード リンク