国立衛生研究所」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

アメリカの国立衛生研究所とワクチンメーカーが

既に新型コロナのワクチン開発を進めている

 

従来のワクチンは、動物や孵化した卵で培養していたが、

●日本の企業がタバコの葉からワクチンを作る技術を開発

ウイルスの遺伝子を切り取り、

ウイルス様粒子を作ることに成功

それをタバコの葉に入れると増殖する

1か月で1千万人分のワクチンが生産できる

 

ワクチンを開発するまで10年かかっていたが、

ウイルスの遺伝子解析が済めば、

1か月でワクチンが開発できるようになった

●新型コロナウイルスの遺伝子解析は完了している

(41)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

本性が分かるクセの真実

 

アメリカの新聞ハフィントン・ポストに掲載

●メールの返信が早い人ほど体調を壊しがち

アメリカの国立衛生研究所による大規模な調査

 

自宅にまでメールを持ち帰って、

プライベートの時もメールを気にする人

 

即レスを気にかける事が…精神的だけでなく

睡眠が浅い、便秘になりやすい、胃痛など身体に影響している事が分かった

 

心理学で自己時間と他社時間は 両方大事だとよく言われている

自己時間→自分のタイミングで動く

他者時間→他人のタイミングに合わせて動く

自己時間と他者時間のバランスが大事

どちらかに偏ると体調を崩しやすい

 

●メールの返信を気にするのは、他者時間に支配されている

時間のバランスが壊れると立町や精神にも悪影響が現れる

 

ビジネスで成功している人の特徴が、

●プライベートにメールを持ち込まない人は成功しやすい

(942)

スポンサード リンク