学力」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●熱帯魚を買っている家は、子供の成績が良くなる

特にメンタルケアに効果的

子供の頃から水槽の生き物に触れると愛情や道徳心が育まれ、情操教育にピッタリ

 

●窓から自然風景が見える家は、学習能力が上がる

壁に風景のポスターを貼るだけでも同様の効果がある

 

●家賃が年収の30%の家庭は、子供の学力が最も高い

住宅費をかける=家族を大事にしている

住宅費をかけると子供が大事にされていると感じ勉学に励む

(83)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●本に囲まれていると学力が上がる

本に囲まれていることで、無意識に知識を得ようと脳が働く

 

●絵を描くと便通が良くなる

芸術活動をすると自律神経のバランスがよくなり、便通改善になる

 

●緑茶を飲むと数十分以内に思考力が上がる

緑茶を飲むと数十分以内に前頭前野が活性化し、思考力が上がる

その効果は、1時間程度持続する

 

心理評論家:植木理恵によると

●幼少期の好みは、60歳になって また戻る

60歳頃になると幼少期の嗜好性に戻り、

子供のような気持ちや感性で催し物に参加できる

(72)

経済評論家:門倉貴史によると

●子供と1日54分以上話すと子供の学力が伸びる

 

東北大学が5~18歳の脳の言語機能について調査

 

平日に父親が子供と話す時間は、1日平均 約54分だった

 

●親と会話時間が長い子供ほど成績が良く言語理解能力が高いことが分かった

(156)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●いくら勉強をしてもスマホを使えば使うほど学力が下がる

勉強をしても関係ないことがポイント

勉強時間が同じでもスマホを

長時間使う人ほど、学力が下がるというデータがある

 

若者文化評論家:原田曜平によると

●FAXを未だによく使っているのは、先進国で日本だけ

アメリカのスミソニアン博物館で

骨董品としてFAXが展示されている

(423)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

教育評論家:尾木ママによると

●家族団欒は子供の成績を上げる

 

アメリカで行われた大規模調査

家族と食事をしたり団欒する機会が多い子は、

学力、集中力、社会性が高いことが分かった

 

最も良い団欒数は、週4日以上

 

形式、秩序、予見性が定着し、子供に安心感を与える

 

家族団欒の定義は、親しい者同士が楽しい時間過ごすこと

(527)

スポンサード リンク