寿命」タグアーカイブ

環境評論家:武田邦彦によると

●人はやることが無くて暇になると心身が徐々に弱り、寿命が終わる

有意義かどうかは問わずに時間がつぶれればいい

何がいいか考えないことが大切

 

心理評論家:植木理恵によると

●芸術一般の練習は、憧れの対象がはっきりしていると上達しやすい

例えば、憧れの人の演奏を聴き込むとやりたい気持ちは続く

 

節約評論家:和田由貴によると

●1つの卵から2つの目玉焼きが作れる

1、まず生卵を冷凍する

2、冷凍玉子に流水をかけ殻をむく

3、凍ったまま包丁で半分に切る

4、フライパンに切った面を下にして弱火

すると凍った卵が溶けてきて焼けてくる

(42)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●心配をかけない親の寿命は短くなる

母親への心配の掛け方と寿命の関係を調査

親に極力心配なことを言わない、かけないようにしている母親の平均寿命は77歳

何でも親に相談し心配をかけた母親の平均寿命は86歳だった

 

自分の分身である子供が未熟、未完成だと

「しっかりしなくては」と心身ともに強くなる

 

もちろん親不孝は寿命が縮まるが、

親に相談や愚痴を言い、心配をかけるくらいは、かえって親孝行になる

(82)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●老化予防の運動は、社公ダンスが良い

社交ダンスは、運動だけでなく社会関係も入るので効果的

 

医療情報評論家:石見陽によると

50歳を過ぎると筋量は10年ごとに8%ずつ減少する傾向がある

振動により、かかとからホルモンが分泌されるので記憶力に効果的

●歩くスピードが速い人は、健康寿命が長い

 

心理評論家:植木理恵によると

●年を取ってからは、1人遊びを身につけた方が良い

若いうちは、皆で集まってスポーツしたりレジャーしたりできるが、

年を取ると体が思うように動かず、集まって遊ぶようなことは難しい

「これをやるときは、一人でも幸せ」と思うモノを作ると

機嫌のよいお年寄りのまま年を取れる

 

医療情報評論家:石見陽が約1000人の医師にアンケート

●将来寝たきりにならないためにした方が良いことは?

運動:876人、なし:103人、食事に気を遣う:48人、

アルコール・喫煙を控える:17人、体重の制御:16人、

よく噛む よく食べる:2人、その他:159人

(75)

生物学評論家:池田清彦によると

●30代で出産した方が、20代で出産するより長生きする

昔から高齢出産は具合悪いと言われてきたが、そうではない

30代は、女性が様々な経験を積み、最も安定しており

子育てやストレスなどにも順応するからではないか、と考えられる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●寿命だけでなく子供の知能が高くなる

高齢出産のイメージはよくないが、

30代後半~40代で出産する方が、

頭が良い子供が生まれる可能性が高い研究データがある

●父親が50代で産まれた子供は、知能が高い

 

美肌研究家:森智恵子によると

●女性の体は精子を無意識のうちに選択している

女性は、心とは別に無意識に精子を選択し、受け入れない場合がある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●精子は協力し合って受精を目指していることが分かった

(533)

疲労評論家:梶本修身によると

コペンハーゲンで大規模な調査が行われた

●毎日ジョギングしている人は、週3日の人より早く死ぬ

 

適度な運動は体によく、寿命を伸ばす

適度とは、程々な運動を程々にすること

程々とは、会話ができる程度の運動を指す

 

ランニングや会話ができないジョギングは、

寿命を短くする場合がある

(239)

スポンサード リンク