強盗」タグアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

●自分のことを客観的に見がちな人は、催眠術にかかりにくい

客観的に見るための前頭前野は、

恋愛中や体が疲れていると弱り、催眠術にかかりやすくなる

子供の方が催眠術にかかりやすいのは、前頭前野が未発達だから

 

疲労評論家:梶本修身によると

●韓国では強盗事件やひき逃げ事件の犯人探しに催眠術を使っている

ソウルのハンデ銀行で強盗事件が発生した

犯人はマスクを着けていたので顔は分からない

犯人同士の会話をおぼろげに聞いていた目撃者は会話を覚えていない

催眠術で目撃者の過去を掘り起こしていくと

犯人同士の会話が分かり、犯人の検挙につながった

 

●催眠術のかかりやすさは、遺伝子が関係している

遺伝子検査で催眠術にかかりやすいか、かかりにくいかを調べることができる

遺伝子のOPRM1の118番目がひとつ違うだけで

かかりやすさに影響することが分かっている

その遺伝子は、痛みに関する感受性の遺伝子

心と体の痛みに敏感な人ほど催眠術にかかりやいと言われている

(28)

スポンサード リンク

経済評論家:門倉貴史によると

●東京五輪に便乗した東京五輪詐欺が増えている

1、用地取得や関連施設の建設と偽り、費用を債権化して売ろうとする

2、東京五輪の関連銘柄の株と偽る投資資金を騙し取ろうとする

3、関連グッズを扱う企業と偽り、投資を呼びかけようとする

全ての詐欺に投資会社、建設会社、運営会社などの人物が登場する

 

異常心理評論家:杉浦義典によると

犯罪には、異常心理系とビジネス系で理解できる犯罪がある

常習犯は、ビジネスとして犯罪している

強盗は、被害者と加害者の都合がマッチするところで発生する

ニューヨーク市警の調査

●強盗は地下鉄が動いている間は地下鉄の駅周辺、地下鉄が停まった後は地下鉄の駅から離れた場所で起きる

地下鉄駅周辺は人が動き、班員にとっては逃げやすい

不動産として人気の駅周辺で強盗が起きやすい傾向にある

(79)

スポンサード リンク