」タグアーカイブ

ペットを飼うなら犬?猫?

疲労評論家:梶本修身によると

●ペットを飼うなら、男性は犬、女性は猫が向いている

男性は女性より高血圧や糖尿病など生活習慣病リスクが高い

日頃からの健康管理が大事

スゥエーデンの研究で、犬を飼っていると、

その犬の健康状態が飼い主の健康バロメーターになるという

犬が糖尿病になると飼い主が糖尿病になる確率が38%増加

犬と飼い主の生活習慣が似る傾向にあることが分かった

犬の方が寿命が短いので、先に生活習慣病を発症しやすい

逆に犬を見て自分の健康状態が分かる

 

女性が猫を飼うと骨が丈夫になる

猫が甘えた時の「ゴロゴロ」は25Hzの振動音

25Hzの振動音には、骨の骨芽細胞の増殖を促して骨を強くする効果がある

猫は犬よりも圧倒的に骨折の治療が早い

人の骨折治療でも25Hzの振動を与え、治療を速める研究がされている

男性の場合、骨密度は低くないので女性の方が有効

(22)

スポンサード リンク

国際関係論評論家:落合浩太郎によると

1960年代、アメリカのCIAが猫をスパイ活動に利用しようとした計画がある

アコースティック・キティという

 

額にマイクとアンテナを内蔵、そのバッテリーも内蔵し、訓練した

犬ではなく猫になったのは、アジアの某国の指導者が猫好きだったため

猫に近寄らせて会話を盗聴する計画だった

さらに気まぐれな猫を空腹を感じないように措置した

5年かけて1号が誕生

 

1号をワシントンのソ連大使館のそばで車から放った

1号は大使館に向かったが、辿り着く前にタクシーに轢かれたという

(66)

経済評論家:門倉貴史によると

●猫を飼って一緒に暮らすと怖くなくなる

猫の糞便に含まれるトキソプラズマに感染すると恐怖心がなくなる

ネズミが感染すると猫を怖がらなくなる

コロラド大学の研究によると、

人間もトキソプラズマに感染すると恐怖心がなくなることが分かっている

 

生物学評論家:池田清彦によると

トキソプラズマは、ネズミや人間の脳を操れる

猫のお腹の中でしか繁殖できないトキソプラズマは、

ネズミに感染するとネズミの脳を操り、

恐怖心を抑え、猫に食べられやすくする

人間も感染すると恐怖心が減少し、起業、株で大儲け、大事故を起こす

フランス人は、約50% トキソプラズマに感染している

(172)

生物学評論家:池田清彦によると

●猫の寿命が30年に延びるかもしれない

猫の平均寿命は、14.2歳

死因は慢性腎臓病が多い

猫の腎臓病を自然治癒させることは、遺伝的にできないため

現在、猫が腎臓病にならないようにする研究が進められている

 

環境評論家:武田邦彦によると

●フッ素加工は、原爆の研究から生まれた

原爆を作るときは、どうしてもフッ素を使う必要があった

当時はまだフッ素を作れず、研究した結果、

フッ素樹脂が焦げ付きにくいことを発見

(142)

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる

(173)

スポンサード リンク