」タグアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●猫の寿命が30年に延びるかもしれない

猫の平均寿命は、14.2歳

死因は慢性腎臓病が多い

猫の腎臓病を自然治癒させることは、遺伝的にできないため

現在、猫が腎臓病にならないようにする研究が進められている

 

環境評論家:武田邦彦によると

●フッ素加工は、原爆の研究から生まれた

原爆を作るときは、どうしてもフッ素を使う必要があった

当時はまだフッ素を作れず、研究した結果、

フッ素樹脂が焦げ付きにくいことを発見

(55)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる

(154)

古代評論家:來村多加史によると

●飛鳥 奈良時代でグランドホッケーが流行していた

そのスポーツを打毬(だきゅう)という

毬をスティックで打つグランドホッケーのようなスポーツ

庶民も貴族も熱狂

 

奈良の春日大社に貴族が集い、聖武天皇を宮中に残し、打毬に夢中になった

聖武天皇は激怒し、打毬をした貴族に厳しい処分をしたという記録が残っている

 

生物学評論家:池田清彦によると

●奈良時代以前は、猫を飼っていなかった

犬、牛、馬、豚、鶏はいたが、家猫は日本にいなかった

 

(103)

ネコ評論家:加藤由子によると

●猫カフェで猫にモテたかったら悟りを開いたお坊さんの様になれば良い

猫が好きな人は、ものすごい好き好きビームを出す

 

●可愛い!と寄っていくのは、猫にとって殺気

人間が出す強い気持ちは、猫にとって殺気と同じ

 

●何も考えず無我の境地になると猫は寄ってきやすい

 

●近所の猫をどかしたいときは、

蹴とばしてやるというような強い気持ちを猫にビームだけ与える

(266)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

生物学評論家:池田清彦によると

猫は独立心がある

●猫と対等に付き合うことで自分を高めることができる

 

心理評論家:植木理恵によると

●飼い犬が死んだときのペットロス症候群は、猫の40倍

犬は密着度が高い分、心して飼わなくてはいけない

 

子供が猫を飼う教育的効果は、膨大な論文がある

犬はしつけなど教育の結果が得られるが、猫にはほとんどない

小学生の対象にした研究では、

●猫を飼っている子供は、友達に対して寛大になりやすい

他人は言うことを聞かないので、

そういうことだと思って人間観を形成する

犬を飼うとちゃんとやればできるという人間観を形成するので

他人に対して、厳しくなりがち

(434)

スポンサード リンク