Tag Archives: 社会性

ホンマでっか!?TVで紹介

 

教育評論家:尾木ママによると

●家族団欒は子供の成績を上げる

 

アメリカで行われた大規模調査

家族と食事をしたり団欒する機会が多い子は、

学力、集中力、社会性が高いことが分かった

 

最も良い団欒数は、週4日以上

 

形式、秩序、予見性が定着し、子供に安心感を与える

 

家族団欒の定義は、親しい者同士が楽しい時間過ごすこと (518)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

心理評論家:植木理恵によると

学校は勉強を教えるだけではなく、

情緒、勇気、競争心などを育てる場でもある

 

40mを一人で、40mを誰かと走る、

そのタイムの上り幅で競争心を測定した

 

1990年、競争心の高い国の1位は、断トツでインド、

2位が日本、3位がアメリカだった

 

2014年の1位はインド、2位:アメリカ、3位:カナダだった

日本は ベスト3に入らなくなった

 

ハーバード大学が、1000人の成功した企業家を調査したところ、

小学校時代、勝ち負けの記憶が

鮮明な人ほど将来 成功していることが分かった

成功体験や褒められた記憶も大事だが、

敗北感や屈辱感を味わい競争心を高めるのも大事

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

カナダでは幼少期に危険な遊びをした方が、

将来 創造性、社会性、心の強さが高まることが分かっている (466)

ホンマでっか!?TVで紹介

ももいろクローバーZの人気のヒミツを分析

 

生物学評論家:池田清彦によると

●メンバーが美人じゃないから

女性ファンは、自分の代理として思え、感情移入しやすい

男性ファンは、どこにでもいる子で親近感が抱ける

これまでのアイドルグループは、キャラが際立つ人物が多かった

メンバーが均一で仲が良く明るいのが、今の暗い時代に合い好まれる

 

●上手でも下手でもない踊り

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ももクロは全員が集まると美人になる

5人の顔を合わせると平均顔になる

平均顔の女性が一番モテるという事は分かっている

通常1人1人の顔を個別に認識するが、同時に見ると平均化する

同じ動作(同調現象)をするため単体ではなく

集団として見るので魅力的に感じる

 

●幼さが残る顔立ちは魅力的

 

●座っていると何の魅力性も感じない

ファンも一緒に踊る事でドーパミンが出て記憶に残りやすい

 

心理評論家:植木理恵によると

●ももクロのファンは知能レベルが高め

社会性、倫理観、知能レベルが高い男性は、、

今後 伸びそうな(未完結感)子を応援しらくなるモノ

完結感があるモノには知能が低く、若い女性が惹かれやすい

 

●不協和感が3つ以上あると人気が急に跳ね上がる

カワイイ+激しい踊りなど

3つ以上の不協和感の情報があると記憶に残りやすい

あどけなさ+乱暴な言葉+丁寧さ (501)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

 

●卵には脳の発達を促すアラキドン酸が多く含まれている

 

卵には豊富にアラキドン酸が含まれている

 

アラキドン酸は脳の神経細胞を増やすので高齢者にとても良い

 

アラキドン酸を人工ミルクに注入すると

子どものIQ、社会性がアップするという

 

欧米など諸外国では乳児用調製乳にも添加されている (681)

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●家族で食事をする機会が多いほど子供の社会性、積極性、集中力、学業成績が上がる

 

2007年、アメリカでの子供の健康に関する調査

 

家族で食事する頻度が高い子供ほど、

学校での集中力が非常に目立つ

積極性が高く、みんなど友達になろうとする社会性が身につく確率が高い

さらに学業成績も高かった

 

その後も追跡調査をすると、10代での非行が少なかったという

 

研究者によると、食事をする頻度の数は、週4回以上

 

週4回以上の家族との食事が、家族の秩序を教える

 

(今日はみんなで食事をするのかな?)という

予見性が子供の心を安定させる (631)

スポンサード リンク