Tag Archives: 老化

疲労評論家:梶本修身によると

シャワーを浴びて、髪をドライヤーで乾かせていると汗をかいてしまう

●シャワーの後 汗が止まらないのは脳の自律神経の老化が原因

体温調節する自律神経は、18歳をピークに下降していく

18歳が100%だとしたら、40歳で50%、65歳で25%

熱中症、寒さに弱くなってしまうのも自律神経の老化が原因

 

お風呂でのぼせるのは、脳の温度が上がりすぎた状態

脳を冷やすのが、汗を止める第一歩

その方法は、エアコンの真下で冷たい空気を鼻から吸って口から出す

鼻腔の奥にある自律神経の中枢を空気で冷やすことで脳を冷やすことができる (46)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●老化予防の運動は、社公ダンスが良い

社交ダンスは、運動だけでなく社会関係も入るので効果的

 

医療情報評論家:石見陽によると

50歳を過ぎると筋量は10年ごとに8%ずつ減少する傾向がある

振動により、かかとからホルモンが分泌されるので記憶力に効果的

●歩くスピードが速い人は、健康寿命が長い

 

心理評論家:植木理恵によると

●年を取ってからは、1人遊びを身につけた方が良い

若いうちは、皆で集まってスポーツしたりレジャーしたりできるが、

年を取ると体が思うように動かず、集まって遊ぶようなことは難しい

「これをやるときは、一人でも幸せ」と思うモノを作ると

機嫌のよいお年寄りのまま年を取れる

 

医療情報評論家:石見陽が約1000人の医師にアンケート

●将来寝たきりにならないためにした方が良いことは?

運動:876人、なし:103人、食事に気を遣う:48人、

アルコール・喫煙を控える:17人、体重の制御:16人、

よく噛む よく食べる:2人、その他:159人 (59)

老化研究評論家:熊谷修によると

老化の速度は身長に出る

●老化の始まりは身長が縮むこと

骨の中で一番タンパク質が多いのが、背骨

背骨からタンパク質が抜けていくとし、身長が縮む現象が起きる

平均年齢70~80歳の10年間で女性は約3㎝、男性は約2㎝縮む傾向がある

 

●老化速度を遅らすには、脂身のある肉が良い

60歳近くになったら脂身のある肉を摂取したほうが良い

コレステロールの摂取不足は、身体の虚弱化につながる

肉を摂取すると骨と筋肉が作られやすくなる

 

●老化速度を遅らすには、牛乳が良い

高齢者約1000名を20年間 追跡調査したところ

牛乳や乳製品を摂取する習慣のある高齢者は長生きする傾向にある

年を取るとホモシステインという物質が体に溜まりやすくなる

ホモシステインが蓄積すると認知機能の低下を招きやすい

ホモシステインを排出するためには、

ビタミンB12、B6、葉酸の摂取が必要

牛乳を飲むことでビタミンB12を摂取できる食生活になる (143)

肌ケア評論家:澤田彰史によると

●肌の老化スピードの8割は、浴びた紫外線の量で決まる

UVケアさえしておけば、アンチエイジングの80点をとれる

ビタミンDは、約15分、手のひらの面積で紫外線を浴びれば十分

 

美肌に効く食べ物は、世代別で違う

●10代の美肌には、しらたきが効果的

10代の肌の悩みは、ニキビ

ニキビの原因で多いのは、便秘

便秘により悪玉菌が増加し、活性酸素が発生し、

血流に乗って皮膚に蓄積される

便秘の原因は、食物繊維不足

最も効率よく食物繊維を摂れるのが、しらたき

 

●20代のニキビ予防には、赤ピーマンが効果的

20代の肌トラブルも、ニキビ

ニキビを解消するためにビタミンCが必要

オススメは、赤ピーマン

赤ピーマンは、普通の緑ピーマンよりビタミンCが約2倍多く含まれている

果物には糖質が多く入っている

果物を食べすぎると果糖により血糖値が上昇し、

活性酸素が発生し、ニキビの原因になる

 

●30代の美肌には、レバーが効果的

30代は、20代と比べて、無理がきかなくなる年代

その原因の一つとして、鉄不足がある

鉄分を効率よく摂取できるのは、レバー

鉄分不足だとコラーゲンが作れず、シワやたるみの原因になる

 

●40代の美肌には、ちりめんじゃこが効果的

40代は、コラーゲンがほとんど作られなくなる年代

コラーゲンでオススメなのは、ちりめんじゃこ

コラーゲンは1日5g摂取すれば肌に良いとされている

5g摂取するのに、ちりめんじゃこを約22g食べればよい

 

これまではコラーゲンを食べても

胃腸の中でアミノ酸に分解され、美肌効果がないと言われてきたが、

最近の研究で、コラーゲンを食べると肌に効果があることが判明した

コラーゲンを食べたうち約10%が

コラーゲンペプチドとして吸収され、肌の細胞に働きかける

 

尾木ママによると、肌深層部の細胞を活性化させ、

コラーゲンなどの再生を促すコラーゲンマシンがある

 

●50代の美肌には、納豆が効果的

50代の肌の老化の原因の一つとして、腸の中の悪玉菌の増加がある

そのために善玉菌を口から補給してあげればよい

一番良いのは、納豆 (52)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

緊張のあまり吐き気をもよおすのは、

緊張のストレスが嘔吐中枢を刺激するから

 

さらに緊張でノルアドレナリンが大量に分泌されるので

体温、血圧上昇、動悸、震えなどの症状が起こる

 

最近 分かってきたのが、

●極度の緊張下に置かれると肌のバリア機能が低下し、シミやシワなど老化の原因になる

 

精神医学評論家:岡田尊司によると

完璧主義や体裁を気にする人は、あがり症になりやすい (135)

スポンサード リンク