老化」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之による脳の老化診断

 

目隠しで0~9の形をした飴を口に入れて

10秒以内に下の感覚で数字を当ててください

 

他にも丸い飴や四角い飴など様々な形をした飴でも良い

 

口の中に入れた飴の形が分からなかったら脳が老化している

 

●舌の感覚は脳の老化とともに低下する

脳機能の低下は、20代から徐々に始まる

 

またストレス過多の場合にも、舌の感覚が鈍る傾向がある

普段から下を使う運動をすることで脳機能も向上する

(161)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●親友とハグをすると脳が若くなる

 

アメリカのデータでは、

パートナーと呼ばれるような狭く深い親友がいないと

脳の老化が早くなりやすいことが分かった

 

●親友の定義

自分の財産の2/3を払ってもいい仲の深さをいう

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝のよると

●友人と深く狭く付き合っているとダイエットの妨げになる

国内大学の147人の大学生を対象に食生活を調査

すると親友の存在は、バランスよく食べる、腹八分目、

よく噛んで食べるといった食生活の妨げになっていた

(156)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

印象評論家:重太みゆきによると

●バーコードヘアで特許を取ったスミス親子

1977年、父の髪の毛の薄さに息子が可哀想だと思い、

バーコードヘアを考案、特許を取得

2004年には、髪型が人を楽しませる発明に贈られるイグノーベル賞を受賞

アメリカでは色んなバーコードヘアが流行

髭を頭に持ってくるバーコードヘアが

スキンヘッドよりも個性的でカッコいいと評判になっている

 

心理評論家:植木理恵によると

●オシャレをすると感情の老化を防ぐ

オシャレに気を使わなくなると認知症リスクが高まる

(429)

ホンマでっか!?TVで紹介

健康管理の新常識

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

医学界が大真面目に魔法の薬と呼び始めた薬がある

それは1日30分のウォーキング

 

その効果は、糖尿病の予防、がんのリスク低下、

股関節の骨折のリスク低下、不安を和らげる、うつ病の予防・改善、

認知症の進行の遅延、老化を抑制、早過ぎる死を抑える

 

時速6㎞超えるとジョギングに分類されるので

時速4~5㎞程度のウォーキングで十分

 

●糖尿病、がん、骨折、うつ病、認知症、老化に効く1日30分のウォーキング

 

ウォーキングについてたくさんの研究が行われた

それらを総合して分析すると、これらの8つの効能が明らかにある

 

ジョギング、マラソン、ジムで筋トレなどは、

部分的に効果はあっても8つの総合的な効果はない

 

●犬を飼うだけで平均10年寿命が延びると言われている

それは散歩しなくても伸びというる研究が発表されたばかり

犬を飼うだけでも心の状態が良くなり健康にもプラスに影響する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●難聴になると認知症と脳の老化が早まる

なるべく早く補聴器をを着け、

クリアな音を聴いた方が脳の老化防止に良い

(5556)

ホンマでっか!?で紹介

老けないカラダの新常識

 

生物学評論家:池田清彦によると

●紫外線と激しい運動は老化のもと

 

活性酸素をいかに出さないかが老化予防のポイント

激しい運動をしない、紫外線にあたらない事が大事

 

環境評論家:武田邦彦によると

某有名大学の運動部の平均寿命

その大学の一般学生の平均寿命は7年違う

●激しい運動をしてきた人はしない人と比べて寿命が7年も短い

激しい運動によって体が酸化し、老化を進めてしまう

(816)

スポンサード リンク