Tag Archives: 近視

生物学評論家:池田清彦によると

●第一子の方が、近視になる確率が高い

第一子と親の教育熱の高さが関係している可能性が考えられる

 

眼評論家:林康隆によると

●現代の若者は、まばたきの回数が減り不完全になっている

まばたきには、目の表面に酸素や栄養を与える大事な役割がある

さらに表面を涙液でならし、モノを見やすいようにする役割もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●茶色い目の人は、信頼されやすいという事が分かっている

黒や茶色い目は、信頼されやすい

青や薄い黒や薄茶色の目は、信頼されない (7)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

近年、遺伝子の研究が進み、分かってきた

●遺伝子的に頭のいい人に近視が多い

 

スコットランドで30万人を対象とした研究が行われた

すると読書量の多さと近視に相関関係はないことが分かった

ゲノム解析して認知機能の高い遺伝子と

近視になりやすい遺伝子に相関関係があることが分かった

 

データをとると

●認知機能が高い人は、近視率が32%高かった

さらに認知機能が高い人は、

高血圧、心臓疾患、肺がんになりにくく、

うつ病のリスクが30%低かった (12)

疲労評論家:梶本修身によると

近視や乱視を矯正する際は、大体 メガネかコンタクトだった

イスラエルでナノドロップスという目薬が販売された

●近視や乱視が治る目薬が開発された

光の屈折率を変えるナノ粒子を含んでいる

点眼すると角膜にナノ粒子が入り、

屈折率を変えて近視や遠視を矯正する

目の悪さにより、屈折率を変化させて矯正することができる

50㎝のあたりが見づらい人が点眼すると1m先まで見えるようになる

この目薬が進化するとメガネや

コンタクトレンズがいらない時代が来るかもしれない

 

●暗闇の中、50m先まで見えるようになる目薬が開発された

中にクロリンe6という深海魚の目から抽出した物質が含まれている

クロリンe6は、光の感受性を高める働きがあり、

点眼すると暗闇でも見ることが可能となる (12)

眼科か治療手術額評論家:深作秀春によると

●洗眼器で洗うと、目に良くない

 

目の表面には、脂肪分やムチンなど

目を保護してくれる成分がカバーしてくれている

 

洗眼器で目を洗うと、水道水で保護膜が流されてしまう

さらに水の勢いで目を傷つける

 

網膜が伸びて薄い近視の人は、

擦るだけでも網膜剥離になる危険性がある (105)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

オーストラリアの研究では

●ぽっちゃり体型は、母親ではなく父親に似る

8歳~9歳の子供3800人以上を調査

母親が標準的な体型でも父親が肥満体型だった場合、

子供が肥満体形になる確率が高くなる

 

母親だけ別のモノを食べているせいではないか?との考えもある

 

教育評論家:尾木ママによると

近視でない両親と比べて、

親のどちらかが近視の場合、2倍

両親が近視でメガネをかけている場合、5倍

●両親が近視の場合 子供は5倍 近視になりやすい

 

●小学生の約30%が近視になっている

近視になるのは、遺伝の要素もあるが、環境要因もあると考えられる (328)

スポンサード リンク